文章/essay

文章/essay

直島窯工研究会 春の部会

文章/essay

島の子供の研究室 しまけん

暖かい日が続くし、まだ春休み。いつも放課後だったらいけない場所に行く。30分山道を歩いて島で一番漂着物のある浜辺まで行き、漂着物で遊びを考えました。タラの芽も取って。
文章/essay

しまけん

韓国で展示オープンの翌日、日本に帰国。その翌日月曜日から普通に島生活。月曜日といえば、島の子供の研究室=しまけん。今日は、暖かくなってきたので外へ出ることに。彼らは、海でビデオテープを拾った。しかし、その中に海の生...
文章/essay

作品の制作と消費の関係性

昨日、韓国のグループ展の搬入から帰宅した。今回の韓国では「沖縄硝子」という作品を出品している。展示タイトルも「Nothing to Waste(無駄などない)」というのでゴミをテーマにした作品が多い(ゴミから機能のないオブジェを作...
文章/essay

文章/essay

なおしま美術学院

島内で中3の母親から「娘が高松の美術系の高校に受験で、デッサンがいるのですが教えてくれませんか」というお願いがあり、月曜日放課後のしまけんをしている後ろでモチーフを組んでデッサンをやりますか、となった。デッサンは見る/観察の基本だ...
文章/essay

文章/essay

韓国、展示の下見

全州という百済の時代の都で今は光州から1時間の地方都市。展示の下見で一人。コロナによって途切れていた感覚を取り戻すように、知らない土地に触れる緊張や刺激を久しぶりに味わう。
文章/essay

新美塾!がこれまでのワークショップと違う点

(鬱陶しい自分語りが続きます。なぜなら、今、新美塾の記録集や記録展を作っているので、頭の整理です。他の企画とどう違うのか?とか、自分は何を大切にしているかの整理。でも、他人の自分語りが嫌いな人はご遠慮ください。作家が何かを作り、語るプロセ...
文章/essay

表現の塾をやる理由を別の角度から考えてみる

日本の中学校や高校の学校教育は、大学に入るための受験のための、答えを導き出し点数をかせぐための特殊な競争。大学入学をゴールにして作られた高いハードル(とその合格後の放任)は、中国の科挙の影響があるという専門家もいる。階級などに関係...
タイトルとURLをコピーしました