[ 瀬戸内「 」資料館 /Setouchi " " Museum ]


Project


2019−




setolog.jpg



瀬戸内「 」資料館

なんでもない日々の風景に、新しい眼差しを発見する。
何かを新しく作る前に、過去を見つめ直すことから始める。
瀬戸内の小さな島々の片隅で捨てられていくモノたちを、
かつてそれらを拾い集め記録しようとした人々を、
今もう一度、自分たちで手探りで知り学びたい。
それは、情報が溢れる今だからこそ、
きっと未来を作る力になるだろう。

瀬戸内「 」資料館は、
瀬戸内の風景の中から毎回「何かしら」のテーマを決めて、
メンバーと共に調査し発表しアーカイブするプロジェクト。
いつもは観光客がふと足を止める小さな「図書館」や「博物館」のような場所として、
時には様々な人が集まる「研究所」や「塾」のようなささやかな学びの場として、
島民の元娯楽の場「パチンコ999」を改装した「宮浦ギャラリー六区」をさらに改装して、
アートを目的に多くの人が訪れるこの島に生まれた。

下道基行 (資料館館長)



Setouchi "            " Museum
 
Discover a new way of looking at the scenery on an average day.
Before you create something new, it all begins by taking another look at the past.
Goods that get thrown away in the corners of the small islands of Setouchi,
and the people who once sought to collect and record them,
we want to know and learn about these things once again with our own hands.
In an age such as today which has an abundance of information,
it will surely be a key in helping to create the future.
 
In the Setouchi "            " Museum project,
with "a certain" theme taken from the scenery of Setouchi every time,
we will survey, present, and archive together with our members.
It can be a place, generally like a small library or museum for the tourists to visit on a whim,
and sometimes a laboratory or academy for various people to visit for a modest learning experience.
Refurbishing Miyanoura Gallery 6, which itself is a refurbishment of the island residents' former place of amusement, Pachinko 999,
the museum is born, in the island where many people visit for art.
 
Motoyuki Shitamichi (Chief Director of the Museum)


IMG_1518_w.jpg

写真:下道基行

掲載可_BX2A0732_s.jpg
写真:宮脇慎太郎



下道イラスト空間.jpg


:::::::::::::::::

【当プロジェクトについて】
・香川県の直島『宮浦ギャラリー6区』での長期プロジェクト
・地元民や観光で島を訪れる人が立ち寄れる、瀬戸内についての図書館/研究所/資料館を作る。
・毎回、様々なメンバーとテーマを決めて、調べ/収集し/並べ/編集し/発表を行う。様々な方法のアーカイブも実践する。
・小さな私設図書館や私設美術館のような、公に開かれた私的な場所を目指す。
・時代によって島々の生活や景観が変化し続けている中で、別の時間軸を意識して活動する。
・最低3年続ける。
・毎回、「 」内のテーマ部分を入れ替ながら、資料館というフレームで学び遊べる場所にする。
・《”作品”を”展示”する》のではなく、《知る過程》《作る過程》の表現方法を探求する。
・『宮浦ギャラリー6区』の磁場やコンセプトを継承しながら、この建築を仮のプロジェクトルームとする。


:::::::::::::::::




第1回 瀬戸内「 」資料館
[ 01 瀬戸内「緑川洋一」資料館 /Setouchi " Yoichi Midorikawa " Museum ]


宮浦ギャラリー六区(直島)
2019.9/28-11/24

瀬戸内の風景と向き合い続けた写真家緑川洋一を調査し展示します。
We research and make exhibition photographer Yoichi Midorikawa who kept being confronted with the landscape of Setouchi by camera.

企画監修:下道基行
デザイン協力:橋詰宗
内装協力:能作文徳


掲載可_BX2A0841_s.jpg
掲載可_BX2A0749.jpg
掲載可_BX2A0755_s.jpg
掲載可_BX2A0592_s.jpg
宮浦ギャラリー六区
瀬戸内「緑川洋一」資料館
プロジェクト名:瀬戸内「 」資料館(監修:下道基行) 写真:宮脇慎太郎
協力:公益財団法人 福武財団



・・・・・・・・・・・・・
01. 瀬戸内「緑川洋一」資料館

《瀬戸内「   」資料館》の第1回のテーマは、岡山県出身の写真家、緑川洋一(1915-2001)です。彼の活動を調査した展覧会を開催します。
企画のきっかけとなったのは、ベネッセホールディングスが収蔵する《白い村》(1954)という白黒写真シリーズとの出合いでした。これらは終戦後の瀬戸内の産業や人々を独自の視点で撮影したものです。
緑川は日本を代表する写真家の一人で、平日は岡山駅前の「緑川歯科医院」で歯科医を生業としながら、日曜日にはカメラなど撮影機材の入ったリュックを背負い、瀬戸内や各地を撮影し続け、生涯「アマチュア」を貫いた写真家です。
緑川は戦前から写真雑誌に投稿を始めました。写真家であり編集者でもあった石津良介の紹介により、植田正治や秋山庄太郎、林忠彦などと写真家集団「銀龍社(ぎんりゅうしゃ)」(1947年設立)に参加するなど、戦前戦後の日本の写真家たちと影響を与えあい、活動を続けました。1960年以降、瀬戸内海の輝く水面と船や灯台のシルエットなどをカラー写真で捉えるようになります。そして、カラー写真の表現に独自の絵画的手法を織り込む方法を確立し、写真家として確固たる地位を築きました。2001年に亡くなるまで、生涯にわたり日本全国の風景や地元瀬戸内と向き合い続け、数多くの作品を残しました。
シリーズ《白い村》はドキュメンタリーの手法で撮影されていますが、緑川独自の絵画的手法の片鱗も見え隠れする、キャリアの過渡期のシリーズといえるでしょう。それは、ちょうど同時代の作家として緑川に影響を与えたとされる土門拳と植田正治の手法が独特のバランスで溶け合ったようにみえます。緑川は1960年以降、独自の表現手法を模索し、戦後をたくましく生きる人々の様子を風景とともに記録するシリーズをいくつも作っています。ただ、その多くは初期代表作の写真集「瀬戸内海」(1962/美術出版社)に断片的に収められていますが、シリーズ作品や写真集としてまとめられた形で日の目を見ることはありませんでした。近年では、2005年に岡山県立美術館で「緑川洋一とゆかりの写真家たち 1938-59」(企画:廣瀬就久)と題して、カラー写真ではなく、1960年代以前の白黒写真のシリーズを丹念に取り上げた企画展が行われるなど、戦前戦後の緑川の創作活動に注目が集まっています。
今回は、シリーズ《白い村》、さらにかつて岡山県岡山市西大寺に存在した「緑川洋一写真美術館」(1992-2001)で常設展示されていた1950年代のカラー以前の絵画的手法を使った《夜の釣舟》(1954)、《月明の海》(1956)などを展示します。
それとともに、生涯80冊以上の写真集を制作した緑川の写真集や掲載誌を収集し、さらに1940年から50年代にかけて撮影された未完作も含むシリーズの構想が記録された自作のファイルを、ご家族が大切に保存されていた緑川のスタジオより発掘し、これに光を当てました。
現在の美術界では、写真を一点のオリジナルプリントとして絵画のように美術作品として扱う傾向にあります。しかし本来、多くの日本の写真家は写真同士の連続性に意識を向けた「組写真」や「シリーズ」の制作を重視し、それを提示する最良の手法として「写真集」の出版に特別な意味を与えてきました。それによって質の高い写真集が多数生みだされ、日本の写真集文化が醸成されてきました。今回、ご家族の協力を得て、戦後間もなく撮影・制作された写真や構想段階のシリーズの手書きファイルから、緑川がどのように風景と向き合い、シリーズ作品として形にしようとしたかを探っていきます。
終わりに、今回、まるで時が止まっているかのように保存された緑川さんの制作スタジオや作品倉庫を何度も「フィールドワーク」し、多くの貴重な資料や写真を見せていただきました。時々、ポートレイトの緑川さんと目があう瞬間があり、写真家としても活動する自分としては、自らの死後に何者かがスタジオを歩き回り、未発表のファイルを読まれることを想像し、少し複雑な思いと共に重い責任を感じています。写真や風景と向き合い続けてきた一人の「先輩」のシリーズをつくる思考や手さばきを、残された資料より学ばせていただきたいという思いが次第に強くなっています。今回は、残された多くの資料すべてに目を通せた訳ではありません。もしこの資料館が今後も何年か続けることができるなら、この先もフィールドワークを継続し準備を重ね、再び新たな《瀬戸内「緑川洋一」資料館》を開館できたら幸甚です。
最後に、大きなお力添えをいただいた緑川さんのご家族のみなさまに、この場を借りて御礼申し上げます。

下道基行(資料館館長)


01. Setouchi “Yoichi Midorikawa” Museum

The first theme of the Setouchi “ “ Museum project is Yoichi Midorikawa (1915-2001), the photographer born in Okayama Prefecture. We are holding an exhibition which investigates his work.
The impetus for this project was an encounter with the black and white photo series called “Shiroi-mura” (White Village, 1954) in the collection of Benesse Holdings. In this series, he photographed the post-war industries and people of Setouchi from a unique perspective.
One of Japan’s foremost photographers, Midorikawa remained a life-long “amateur” photographer, making his living as a dentist on weekdays at the Midorikawa Dental Clinic in front of Okayama Station, while on Sundays, he shouldered a backpack loaded with his camera and photography equipment to photograph Setouchi and many other places.
Midorikawa began contributing to photography magazines prior to WWII. He remained active, joining the photography group called Ginryusha (founded in 1947), which included members such as Shoji Ueda, Shotaro Akiyama, and Tadahiko Hayashi via an introduction by photographer and editor Ryosuke Ishizu, and influenced Japanese photographers in the pre-war and post-war eras. In 1960, he began capturing the shimmering waters of the Seto Inland Sea and the silhouettes of lighthouses and ships, etc., in color photographs. He established a style that incorporated unique painterly methods into his color photo depictions, consolidating his status as a photographer. Until his passing in 2001, he continued to engage with landscapes across Japan and his home of Setouchi throughout his life, leaving behind a large body of work.
While the “Shiroi-mura” series was shot using documentary techniques, it can be described as a turning point in his career, offering glimpses of Midorikawa’s unique painterly methods. It appears to be a distinctively balanced blend of the techniques of Ken Domon and Shoji Ueda, contemporary artists believed to have influenced Midorikawa. From 1960 onward, Midorikawa explored his own unique modes of expression, creating numerous series recording people living life vibrantly in the post-war era and the landscapes surrounding them. While many of them are collected fragmentarily in “Setonaikai” (Seto Inland Sea, Bijutsu Shuppan-sha, 1962), a collection of his early representative works, they have not seen the light of day in the form of complete series and photo collections. In recent years, attention has focused on Midorikawa’s creative activities in the pre-war and post-war eras, including an exhibition in 2005 at the Okayama Prefectural Museum of Art titled “Midorikawa Yoichi and His Circle, the Early Years: 1938-59” (Planner: Naruhisa Hirose) which meticulously covered not his color photos, but rather the black and white series he created prior to the 1960s.
In addition to the “Shiroi-mura” series, we also exhibit works such as “Yoru no tsuribune” (Fishing Boats on the Night Sea, 1954) and “Getsumei no umi” (Moonlit Sea, 1956). They were once permanent exhibits at the now-defunct Yoichi Midorikawa Museum of Art (1992-2001) in Saidaiji, Okayama in Okayama Prefecture, in which he used the painterly techniques that predate his color photos of the 1950s.
It also gathers Midorikawa’s photo collections, of which he produced more than 80 during his lifetime, and magazines he was published in, and sheds light on the personal files discovered in Midorikawa’s studio, carefully preserved by his family, which record his ideas for series shot during the period from 1940 through the 1950s, including uncompleted works.
In today’s art world, there is a tendency to treat the single original print of a photo as a work of art in and of itself, much like a painting. However, many Japanese photographers normally emphasize creating photo sequences or series which consider the relationship between photos, and this has imparted a special meaning to publishing photo collections as the optimal means of presentation. This has given rise to many photo collections of excellent quality, and helped to foster the culture surrounding photo collections in Japan. With the cooperation of his family, we will explore how Midorikawa engaged with landscapes and approached capturing them in a series of works from the photos shot and produced shortly after WWII and handwritten files on his series in the conceptual stages.
Finally, I did fieldwork for this project on many occasions at Midorikawa’s production studio, which is preserved as though frozen in time, and the repository of his works, and I was allowed to see many precious documents and photos. Sometimes, I meet the gaze of Midorikawa’s portrait for a moment, and as an active photographer myself, I imagine someone walking around my studio after my death, reading my unreleased files, and I feel a rather complex mix of emotions coupled with a heavy sense of responsibility. In engaging with photography and landscapes, he is a senior colleague to me, and my desire to study his surviving documents so that I might understand the thinking and handiwork behind his series has continued to grow. That is not to say that I was able to look through all of the many surviving documents during this project. If I can keep this museum open for the next few years, I hope to be able to continue my fieldwork, prepare it carefully, and open a new Setouchi “Yoichi Midorikawa” Museum.
In closing, I would like to take this opportunity to thank Midorikawa's family for their incredible support.

Motoyuki Shitamichi (Chief Director of the Museum)
・・・・・・・・・・・・・


:::::::::::::::::




第2回 瀬戸内「 」資料館
[ 02 瀬戸内「百年観光」資料館 /Setouchi " Hundred Years' Tourism " Museum ]


宮浦ギャラリー六区(直島)
2020年7月4日(土) オープン!
毎週土曜日/無料


戦前から現在までの瀬戸内の旅行ガイドブックを収集し、瀬戸内の観光について知り考える場を作ります。

IMG_1505.JPG 宮浦ギャラリー六区 瀬戸内「緑川洋一」資料館 プロジェクト名:瀬戸内「 」資料館(監修:下道基行) 写真:下道基行 協力:公益財団法人 福武財団