[ 津波石/Tsunami Stone ]


movie


2015−


スクリーンショット 2017-10-22 3.06.57.jpg


スクリーンショット 2017-11-30 14.19.42.jpg


スクリーンショット 2017-10-22 3.06.05.jpg


スクリーンショット 2017-10-22 3.15.24.jpg




2014年からはアジアの国々との境界線近くに位置する沖縄・八重山諸島を旅しながら、津波によって海底より運ばれ、陸地に漂着した岩を探し、映像で撮影している。

 このプロジェクトを着想したきっかけとして、東日本大震災で陸地に打ち上げられた船の存在を知ったことが挙げられる。これらの船の多くは保存される事なく解体されていった。しかし、もしそれらの船が100年後、復興した街の中に残されていたら、それらにはいったいどのような意味が付与されうるのか?このような問いを抱きつつあった矢先に「津波石」と出会った。島々に残された巨大な岩たち。あるものは津波にまつわる教訓を語る語り部として、あるものは新興宗教の信者に崇められるご神体として、また、あるものは渡り鳥たちのコロニー(繁殖地)として、様々な意味や価値を与えられながら存在している。

 映像シリーズ「津波石」は、動く事のない巨大な岩を定点観測し、数分の動画で記録し、ループ再生によるインスタレーション作品として発表する予定である。一瞥するとモノクロの静止画像にみえる岩の姿をとらえた動画は、そこから動いていくこと、あるいはそこに留まること、の選択を視聴者に迫り、その感覚を揺さぶる。