『Pictures』-VOCA展


下道基行が撮影する対象は、自身の旅のなかで発見した、意外と思われる風景である。そのうえで彼が注目するのは、その風景が内包する過去の記憶である。
 彼がこれまで継続的に撮影してきたものに、戦後およそ60年を経て廃墟と化したトーチカ・砲台などの軍事施設がある。これらは負の歴史を呼び起こすものであるが、彼の場合そのような歴史を告発することが主眼なのではない。彼がまず注目するのは、日常風景のなかに廃墟としての戦争遺跡が忽然と現れることの意外性であり、そしてそれらが造形的にみて奇妙な面白さを持っているということである。彼はここを制作上の原点としながら、忘れられつつあるこの国の歴史をたどっていった。
 今回出品される『Pictures』のシリーズにおいて被写体に取り上げられるのは、故人である作家の祖父が描いた絵である。親戚や知人の伝手を頼りに、日曜画家であった祖父の絵の現在における持ち主を訪ね歩き、それらの絵の現状を撮影している。ここではお互いに関連のない空間のなかに、元々は同じ手から生まれた絵が存在しているという、意外な面白さがある。そしてこれらの絵やその持ち主をたどることによって、知っているようで知らなかった祖父の人生が浮かび上がってくる。
 作家は現在海外に滞在している。つねに旅がもたらす発見を制作のエネルギーとしてきた作家に対して、この経験はどのような展開をもたらすのか。期待しながら見守りたい。

廣瀬就久 (岡山県立美術館学芸員)


The subjects of SHITAMICHI Motoyuki's photographs are unusual landscapes that he discovers during his travels, and he is chiefly concerned with the memories of the past that they contain.
He photographs abandoned military structures and equipment, such as pillboxes and batteries, that have been left to deteriorate during the 60 years since World War Ⅱ. Although these images may cause people to think about the negative aspects of the war, the artist does not intend to make a histrical point. He is primarily interested in the strangeness and abruptness of the presence of wartime ruins in an ordinary landscape. He is also attracted to the strange formal qualities of these objects. By basing his work on this subject, he traces apart of the history of this country which is being forgotten.
In the [Pictures] series, included in this exhibition, he focuses on pictures painted by his late grandfather. After obtaining information from relatives and acquaintances, he looked up the current owner of paintings created by his grandfather, a Sunday Painter, and photographed them in their current environment. The paintings, executed by the hand of the same artist, appear in a number of different and unrelated spaces, showing an interesting incongruity. In addition, tracing the whereabouts of these paintings about his owners, he learned more about his grandfather's life, which he knew only vaguely.
Shitamichi lives overseas at present, and he finds the energy for making art in discoveries made on his travels. how will his work develop after the experience of this current project? I will de watching it with interest.


HIROSE Naruhisa
[Curator, The Okayama Prefectural Museum of Art ]