Michi Laboratory










Michi Laboratory/ミチラボラトリーは、とても小さな出版社。

大手出版社や出版取次などの従来の出版社の形態では、”大衆的ではない””コストのかかる””芸術系書籍”が出版されることは難しい今、美術作家として下道基行はこの時代だからこそできる本を制作する事を自らの重要な活動のひとつと位置づけ、Michi Laboratoryを立ち上げました。
全国の書店に大量に並ぶ事はありませんが、自分たちで良いものを作り、自分たちで売る場所を探し、出来る限り多くの見てくれる方に届ける、そんな本作りを目指します。
問い合わせ:michilaboratory@gmail.com







::::::::::::::::::




■写真集『Dusk/Dawn』


シリーズ[Dusk/Dawn]の写真集。
地球のどこかの朝と夕暮れが同時に起こっている、そんな日常当たり前にどこでも起こっていることを写真で見つめ直します。アメリカと日本の空のグラデーションのみの本体。カバーを外すと、本本体には一切文字がありません。世界のどこかではじまりと終わりが同時に起こっている。世界中でパラパラして欲しいとそんな思いで作りました。


写真集[Dusk/Dawn]

写真/文章/編集:下道基行
装丁:木村稔将
発行:ミチラボラトリー
発行日:2015年6月10日
印刷・製本:株式会社山田写真製版所
ISBN978-4-9907518-1-4 C0072
17.2cm×13cm120ページ
価格: 2500円+税



Dusk_Dawn-5d_w.jpg
photo by Masatoshi Kaga





写真集[ torii ]  


torii-cover-preview.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像




写真集[torii]

写真/文章/編集:下道基行
装丁:橋詰宗
発行:ミチラボラトリー
発行日:2013年12月6日
印刷・製本:株式会社山田写真製版所
ISBN978-4-9907518-0-7 C0072
28cm×22.5cm74ページ
価格: 3000円+税




・・・・・・・・・・


torii_00045.jpg
“日本の国境の外側に残された鳥居“を探すフィールドワーク
当たり前の存在していた「境界線」を見つめ直す旅に出た。


シリーズ[torii]は、「日本の国境の外側に残された鳥居」を撮影した下道基行の代表作のひとつ。前作写真集「戦争のかたち」(リトルモア)から8年、韓国光州ビエンーレ2012での新人賞受賞や東京都現代美術館での企画展「MOTアニュアル2012/風が吹けば桶屋が儲かる」などで話題になった本シリーズが写真集になります。未発表も含む30点の写真、他にも台湾日記や取材メモなどフィールドワークの記録も掲載。シリーズの集大成。装丁は新進気鋭のデザイナー橋詰宗氏、プリンティングディレクターは熊倉桂三氏。A4変形サイズ、74ページ、価格3000円+税。発行のミチラボラトリーは下道自らが立ち上げた出版レーベルです。徐々に取扱店も増えて行くと思われます。

販売はこちらから
http://michilabo.thebase.in/

質問やその他の問い合わせも。
onkochisin1214@gmail.com (下道まで)





【取扱店】

■UTRECHT ユトレヒト
〒107-0062 東京都港区南青山5-3-8 パレスミユキ2F
5-3-8-2F MinamiAoyama Minatoku Tokyo 1070062 Japan
TEL 03-6427-4041 FAX 03-6427-4042
http://www.utrecht.jp

■梅香堂
〒554-0013 大阪府大阪市此花区梅香1丁目15−18
TEL06-6460-7620
http://www.baikado.org/