参加中の展覧会が一時閉鎖中

【参加中の展覧会が一時閉鎖中】

●「日常のあわい」金沢21世紀美術館 〜9/26
●「TCAA」東京都現代美術館  〜6/20
●『復興を支える地域の文化―3.11から10年』国立民族学博物館 〜5/18

昨年後半から悩みながらようやく完成した展示3つがコロナで一時閉鎖中になりました。
金沢21美が今週閉鎖しましたが、こちらは会期が9/26までなので、再開するでしょう。 都現美は、中規模の個展なのでこれまで下道を見てくれていた方々には是非見て欲しい(風間さんの展示もすごく良い)のですが、会期は6/20までと、なかなか微妙ですが、6月にラストの駆け込みくらいは可能だと思うので是非!とも。民博は5/18までし、もう無理かと思います、、、民博で研究者の展示に現代美術作家が混ざり展示を混ぜるのは結構すごいことだったし、これまで民博に関わっていたからこそ可能になった展示だったので、残念ですが。
次の資料館の展示は島民の方に楽しんでもらえる展示になるかと思います。今回はコロナの初期の流行が収まった時に受けた依頼が集中的に閉鎖になりましたが。美術業界だけではなく、島民に向けてとか、大小様々な対象に、様々な方法でアプローチしながら表現していきたいですね。