Cosmo-Eggs(第58回 ヴェネチアビエンナーレ日本館 公式カタログ)

スクリーンショット 2019-05-16 17.20.05のコピー.png

Cosmo-Eggsのカタログ(英語版)は、販売を開始!6月まで送料無料! 
デザインは田中義久さん。コンセプトを体現するような、本当に素晴らしい物体に仕上がっています。(下のウェブで中もパラパラ見れます。英語版も日本語が多いので結構読めますよ)
カタログは、映画のパンフのようなポジションを意識。展示は「シンプルに体験できるもの」に徹した上で、ここにプロセスや思考の片鱗を詰めました。(展示会場では数量限定で特別価格で提供しています)
下道は「津波石地図」と、普段は公開しないフィールドノート「津波石調査レポート」をそのまま何枚も出しています。本当に稚拙でお恥ずかしい限り、ただ、僕の手書きなので日本人でも読めるかどうかわかりませんが。
安野くんの新作音楽のスコア。さらには、石倉さんの創作神話の背景に隠された思考とリサーチ、能作くんの建築へのアプローチのプロセス、すべての制作過程のタイムライン。かなりオススメです。
日本語版は6月末くらいに完成販売予定。

https://www.shashasha.co/jp/book/cosmo-eggs?fbclid=IwAR3n6YV50p5h80sBSUvF4u16141dCG4kSYx4X61JXCpVJFXe3dRdmax0qsw