2013 参加予定





[路上と観察をめぐる表現史—考現学以後]
広島市現代美術館
(広島)

 2013.1/26- 20013. 4/7

http://www.hiroshima-moca.jp/main/special_exhibition.html

今和次郎(1888〜1973)らが始めた「考現学」とは、東京の街と人々の風俗に注目し、人々の生活、風俗の現状を様々な角度から調査考察するユニークな研究でした。その後、1986年に結成された路上観察学会をはじめ、路上の事物を観察することで、人々の生活、創造を見つめ直し、市井の創造力に注目する活動が様々な分野で展開されています。彼ら観察者が路上に見出した創作物をあらためて紹介するとともに、様々なアプローチを通して観察/発見という行為が表現として成立する様子を検証する展覧会。

出品作家・グループ

今和次郎、吉田謙吉、岡本太郎、コンペイトウ、遺留品研究所、トマソン観測センター、路上観察学会、都築響一、大竹伸朗、アトリエ・ワン、ログズギャラリー、下道基行ほか




”Eyes on the street: Modernology and Beyond”
HIroshima city Museum of Contemporary
January 26-April 7, 2013

‘Modernology’, a school of thought founded by Wajiro Kon (1888–1973) and others, was a unique study consisting of the research and contemplation of the city of Tokyo and the lifestyles and manners of its citizens from various perspectives. In later years, the practice of reexamining the lifestyles and creations of the people and focusing on the layperson’s creative faculty has developed in a multitude of fields, such as the Rojo Kansatsu Gakkai, formed in 1986. This exhibition introduces the creations that such observers found in the streets, and examines how the act of observing/discovering can become a mode of expression in itself through many different approaches.





・・・・・・・・・・・


[あいちトリエンナーレ2013] (愛知)

 2013.8/10- 10/27

http://aichitriennale.jp/

揺れる大地 ― われわれはどこに立っているのか : 場所、記憶、そして復活




"Aichi triennale 2013"

August 10th-Octver 27th

http://aichitriennale.jp/

Awakening
― Where Are We Standing? ― Earth, Memory and Resurrection



・・・・・・・・・・・