2012年の予定


2012年度の予定です。
お近くにお寄りの際はご覧ください。
遠くても興味のある方は是非。



■『第五回I氏賞』

岡山天神山文化プラザ

2012年1月24日〜2月5日

岡山ゆかりの若手作家を支援するプログラムに参加します。
この展示は2次選考のための公開審査の展示です。
『(torii)』シリーズを数点出品する予定です。



■「再考現学 / Re-Modernologio」
  phase3 : 痕跡の風景

国際芸術センター青森

2012年2月18日(土)~ 3月25日(日)
10:00 am - 6:00 pm 入場無料/無休

「考現学」的視線で捉える人間の痕跡。
第3弾となる本展、「再考現学 phase 3:痕跡の風景」では、考現学を都市の 中で人間の生活の痕跡を見つけ、観察し、記述することと捉えました。アーテ ィストが風景の中から見つけた人間の痕跡を、アーティストの活動を媒介に、 作品として再び現れたものは、一体どのようなものになるのでしょうか。

佐々木愛(ドローイング、シュガーペインティング/大阪)
下道基行(写真/インスタレーション/岡山)
アマンダ・ベランタラ(サウンドアート/アメリカ)
ジュー・チュンリン(アニメーション/シンガポール)



■『この素晴らしい世界ーアジアの現代美術から見る世界の今』

広島市現代美術館

2012年3月24日(土)~5月13日(日)

近年めまぐるしい経済発展を遂げ、世界中の注目を集めるいわゆる新興国では、社会の発展がもたらした華やかな変貌が強調される一方で、急激な変化による様々な問題が露にもなってきています。「発展」を通して、社会が新しく得たものと失ったものとはなにか。激動の諸国をベースとして活躍するアーティストを中心に、映像、写真、インスタレーション等、様々なジャンルの作品を紹介し、アートを通じて私たちが暮らすこの素晴らしき世界と向き合います。



■『水と土の芸術祭2012』

新潟市内

2012年7月14日(土)~12月24日(月)

http://www.mizu-tsuchi.jp/topics/2011/12/post-25.html