情報/news

movingimage.jpg

무빙/이미지
Moving/Image

7.21–9.3
아르코미술관

Arko Art Center
Korea Seoul


http://movingimage.kr/en

2_WN-channel-1-1024x585.jpg
Sutthirat Supaparinya, When Need Moves The Earth, 2014. Still from 3-channel video installation. Courtesy of the artist and Earth Observatory NTU.

Exhibitions , International
oil and Stones, Souls and Songs in Bangkok
15 JUL 2017–31 OCT 2017

Opening reception: Saturday, July 15, 6pm
Artists’ talks: Saturday, July 15, 3:30pm
Exhibition venue: Jim Thompson Art Center, Soi Kasemsan 2 Wangmai Pathumwan, Bangkok, 10330, Thailand
Exhibition duration: 9am-8pm, daily, July 15, 2017 - October 31, 2017


Artists: Tarek Atoui, Mariana Castillo Deball, Jimmie Durham, Sulaiman Esa, Edgar Fernandez, Meschac Gaba, Simryn Gill, Ion Grigorescu, Taloi Havini, Ho Siu-Kee, James T. Hong, Hong Kong Farm, Peter Kennedy & John Hughes, Jane Jin Kaisen, Kyungman Kim, Soyoung Kim/Jeong Kim, Ocean Leung, Li Binyuan, Li Ran, José Maceda, Prabhakar Pachpute, Pratchaya Phinthong, Redza Piyadasa, Rho Jae Oon, Reetu Sattar, Shitamichi Motoyuki, Chulayarnnon Siriphol, Walter Smetak, Suttirat Supaparinya, Tr??ng Công Tùng, Haegue Yang, Trevor Yeung, Tuguldur Yondonjamts.

http://kadist.org/program/ssss-bangkok/


19113760_1495842187143429_1413797552492691995_n.jpg


香港路上
- 《亞洲種子》第二期工作坊紀錄展

展期:6月14日至6月21日(星期二至六)
時間:下午3時至5時
主辦單位: 天台塾
策劃: 下道基行
拍攝及命名: 《亞洲種子》計劃的參與學生


(scroll down for english)
初次來到香港,我駐留了一個半月。
這次來的目的是策劃並進行一個為學生而設的工作坊。
我拿著相機,漫步穿梭香港,進行路上觀察,開展了駐留計劃的序幕。我讓身體去感受這個城市的規模、地理和氛圍。縱使只是短短的駐留時間, 我對任何機會都抱著開放的心態,並開始對香港人的思考模式及興趣進行研究。

最終完成的工作坊內容是:讓學生遊走於街道,將發現到的有趣現象用手機紀錄,並且為這個現象命名及上載到Instagram。在工作坊舉行前的兩星期,我對香港街道的名稱產生興趣並進行資料收集;我給了學生一個習作:訪問自己家人或朋友的名字背後的故事。起初,以美術為志的學生們似乎對「拍照然後命名」的做法有種困惑,心裡想「我們不是畫畫或者做點甚麼嗎?」 。

人們因不同的期待或觀感賦予物件不同的名字。「命名」是在不直接改變物件本身的情況下,將新的意義寄予在物件上的行為。在日本有一種叫「見立て(mitate)」的傳統表現手法。當中「把物體看待成另一種東西,而非物件本身的狀態」的手法與英語裡的「metaphor(比喻/類比)」類似。譬如說,將美麗的女性比喻為花,從古時候的詩詞歌賦裏就已經有很長的發展歷史;同樣的比喻在日本則在中世紀茶道品茗會之間流傳開去,至今在各個地方仍然是廣為人用的表現手法。我認為以「見立て」的方法去「命名」,能在不改變物件本來的意義之上改變其意思或價值,是最純粹的表現手法。這次工作坊的目標, 不是為預先構思好的展覽創作「作品」,而是為發現日常生活有趣的現象以「見立て」的手法命名,繼而將所「命名」或「標籤」(hashtag)發展成現實生活中的一種流行。雖然「幾年後再來香港時,人們會以某個名稱稱呼某種現象」是不容易的事情,但我把這個目標定為是次工作坊的一個重要想像。

這是為期兩天的工作坊,結束時在Instagram上的投稿只有大約200件,直到現在已經有超過600件的投稿了。在完成工作坊後,學生們似乎將使用Instagram紀錄新「路上觀察」和「見立て」當作娛樂似的,並且在他們的日常生活中持續進行。

這次的展覽,是把在工作坊時所得,帶有指定標籤「#asia_seed」的投稿重新整合而構成的工作坊紀錄展覽。

--下道基行

「亞洲種子」獲香港特別行政區政府「藝能發展資助計劃」的資助 。
活動內容並不反映香港特別行政區政府的意見。

Hong Kong Roadside – Documentation of Asia Seed Cycle 2 workshop
Date: June 14-21 (Tue - Sat)
Time: 3-5pm
Organizer: Rooftop Institute
Workshop designed & Lead by: Shitamichi Motoyuki
Photo took and Named by : “Asia Seed” project’s participating students

I visited Hong Kong for the first time and I stayed for one and a half month.
The objective of this trip was, to organize and lead a workshop for students.
As the outset of my stay, I held my camera in one hand, walked around Hong Kong, and did field observations in between streets and alleys. It allowed me to understand the scale of the city, the geography and the atmosphere with my body. Afterwards, although it was a short time, I began researching on the interests and mindsets of people in Hong Kong, while keeping myself open to all sorts of possibilities.

What we eventually did for the workshop was, first “walk around the city to discover and take snap shots of the interesting phenomenon with mobile phone”, then “give a name to the phenomenon of the city and post it on Instagram”. (By the way, two weeks before the workshop, when I was attracted by the name of the streets in Hong Kong and did my researches accordingly, the students were assigned a task to “find out the story of the name of their family or friends”.) At the beginning, the students whom strived for experiencing art were fairly confused like, “aren’t we going to draw or make something?”, that my only guideline was to “take photos of the interesting phenomenon and give it a name”.

People name things in various ways based on different expectations and point of views. Naming would not directly change the object itself, however it is an act to embody a new meaning in the object. In Japan there is a traditional way of expression known as “mitate”(見立て). It is a practice to see things as another object, rather than perceiving it as the actual object itself. In this sense, “mitate” is quite similar to “metaphor” in English. For example, referring beautiful women as flowers is, long developed in poems since the old times, whilst in Japan it evolved among tea ceremonies during mid-century, and is even a common way of expression in the modern world. By implying the method of “mitate” in naming, it alters the meaning as well as the value of an object without modifying the object itself, and I believe this can be considered the simplest method of expression. The objective of my workshop was, rather than creating “works” for a pre-planned exhibition, to inspire students to identify the intriguing phenomenon from everyday live, then name the phenomenon with the method of “mitate”, and see the names or the corresponding hashtags become a trend in real life. Despite it is very challenging to hear people refer to a phenomenon by the name which was given during this workshop in a few years times when I revisit Hong Kong, I kept it as an ambition of this workshop.
It was a two-day workshop. By the end of it, there were only about 200 posts on Instagram, and now we have more than 600 posts online. It seemed like students are constantly practicing “field observation” and “mitate” with Instagram as their daily leisure activity.

This exhibition shows a documentation of the workshop, with posts tagged with hashtag "#asia_seed" collected and re-arranged after the workshop is over.

-- Shitamichi Motoyuki

Asia Seed is financially supported by the Arts Capacity Development Funding Scheme of the Government of the Hong Kong Special Administrative Region.

The content of these activities does not reflect the views of the Government of the Hong Kong Special Administrative Region.


Soil and Stones, Souls and Songs

MAR 18 – JUN 11, 2017

Opening Reception: 17 MAR, 2017, 7-9pm
Sand Cone, performance by Ho Siu Kee, 17 MAR, 2017, 8:15pm

スクリーンショット 2017-05-26 1.17.08.png

The Reverse Collection, performance by Tarek Atoui, accompanied by Shane Aspegren and Takuro Mizuta Lippit: FRI, 24 MAR, 2017, 11:00am
Para Site, 18/f

Pio Abad, Tarek Atoui, Sammy Baloji, Mariana Castillo Deball, Kawayan de Guia, Jimmie Durham, Sulaiman Esa, Josh Faught, Edgar Fernandez, Meschac Gaba, Simryn Gill, Sheela Gowda, Ion Grigorescu, Taloi Havini, He Xiangyu, Ho Siu-Kee, James T. Hong, Hong Kong Farm, Peter Kennedy & John Hughes, Jane Jin Kaisen, Kyungman Kim, Soyoung Kim/Jeong Kim, Ocean Leung, Li Binyuan, Li Ran, Lo Lai Lai, José Maceda, Map Office, Prabhakar Pachpute, Pratchaya Phinthong, Redza Piyadasa, Rho Jae Oon, Reetu Sattar, Shitamichi Motoyuki, Chulayarnnon Siriphol, Walter Smetak, Valerie Snobeck, So Wai Lam, Tang Kwok Hin, Trương Công Tùng, Wong Gongxin, Haegue Yang, Trevor Yeung, Tuguldur Yondonjamts, Dominique Zinkpè

Para Site is delighted to present Soil and Stones, Souls and Songs, a major traveling and transforming exhibition based on several intertwined lines of tension and narratives found today in the realities, artistic and cultural production, and contemporary thought in the Asian sphere and beyond. It is constructed on a spectrum of art practices, new commissions, case studies curated by Yongwoo Lee, Qu Chang, and Simon Soon, and experiments on forms and processes addressing, directly or symbolically, several broad categories of issues. These can all be traced to the seismic forces that have transformed the world over the past decades, with Asia being at the forefront of these changes. Presented together with KADIST, the exhibition is curated by Cosmin Costinas and Inti Guerrero and it was first presented in a different configuration at the Museum of Contemporary Art and Design in Manila.

The unleashing of the forces of the global market in the region has modified the forms of production, labour, landscape and environments, as well as wider societal structures across the continent. The anxieties of the new world, and the often competing aspirations of these reshaped societies are in search of new forms of imagining the political, of new ideas meant to give sense and direction to the changing realities. Many of these ideas try to position themselves in opposition to liberal democracy—perceived as foreign—or even outside of the parameters of Western modernity, often creating complex and hybrid ideological projects. Sometimes continuing ideas from the anticolonial struggle and from the postcolonial nation building process, these ideological projects are nevertheless very current adaptations to the region’s rejuvenation and to what is seen as the crisis of the West. In this respect, there is a thread uniting as disparate ideas as the neo-Confucianist revival of the Communist Party in China to new ideas about what it means to be indigenous across the colonized world, from Melanesia to the Americas, passing through what appears to be a more conventional resurgence of nationalism in different countries. This latter phenomenon has catalysed revisionisms of historical issues and of various founding myths (of communities and of the world itself) in the face of historical and ecological threats, leading to a general horizon of anxiety. This fear extends however beyond Asia, finding a fertile ground in a world marked by a loss of certainties, by the anxiety of a shifting geopolitical order in the postcolonial and post-Cold War Era, and by the unease and violence often accompanying the transformation of traditional economic and cultural patterns.

How can an art exhibition convey this? How can forms, objects, and matter translate the contextual anxieties we are pointing out? How can the infinite complexities of the horizon over our continent be translated, not to mention the complexities defining the actual object and spectre named China, which appears at the centre of these issues? The exhibition attempts to address these through several interrelated threads, as well as through a number of separate case studies that compose a kaleidoscopic vision of our subject. It is also particularly attentive to aesthetic vocabularies and to how the search for an outside to Western modernity has been reflected in the references or the forms employed by artists of various generations and geographies. While many of the stories traced are occurring within Asia, the exhibition also tries to understand the transformations happening on our continent by tracing their echoes, resonances, and mirrored shadows outside its shores, near and far.

I participate this project in HongKong.
I will stay in HongKong at May 10th -- Jun 10th.

https://www.rooftopinstitute.org/asiaseed/

asia seed.jpg
FullSizeRender (2).jpg FullSizeRender (1).jpg FullSizeRender (3).jpg
unnamed.jpg

MAT Nagoya、名古屋の港街で開かれたワークショップ『見えない風景』の様子とインタビューがwebにあがっています。読み応えが有りますよー。

http://liverary-mag.com/feature/44083.html


http://www.museum.toyota.aichi.jp/exhibition/2016/special/yamaguchi.html

ははのふた|14歳と凹と凸
下道基行


豊田市美術館図書館
2016年2月13日[土]- 2016年4月3日[日]
Feb.13 [Sat],2016 -Apr.3 [Mon],2016


作家・下道基行(1978年生まれ)の小さな2つの展示を、美術館のライブラリーで行っています。はじめに2015年10月にライブラリーで「ははのふた」が、そして翌年2月に、その隣の小さなスペースで「14歳と凹と凸」がはじまりました。愛知の妻の実家に住みはじめた下道が、テーブル上で展開されるささやかな風景を新鮮な驚きとともに記録した「ははのふた」と、豊田市内の4つの中学校で行ったワークショップで中学生たちが書いた文章「14歳と凹と凸」は、ひとつながりのものです。
そのどちらにも共通するのは、日々の生活の中で、「なにかがない、けれどそれを補っているもの」を発見すること。欠落や喪失は、不満や悲しみの感情を伴いますが、改めて世界を見渡すと、それを補う“なにか”があることに気づかされます。その“なにか”は、コップやポットを覆う様々な蓋だったり、ハンカチにも使われる服だったり、兄弟代わりの猫だったりします。「ははのふた」と「14歳と凸と凹」は、親しみや温かさ、コンプレックスや淋しさ、滑稽やおかしみといった感情を孕みながら、日常の中のささやかな愛おしみを垣間見せます。

休館日:月曜日[祝日の場合は開館]
開館時間:午前10:00-午後5:30
会場:豊田市美術館ライブラリー
観覧料:無料

関連プログラム

◎対談
「作らない作り方」
ナガオカケンメイ(デザイン活動家)×下道基行(美術作家)
2016年3月27日[日] 15:00-16:30

◎対談
「発見の技」
山下陽光(ファッションデザイナー)×下道基行(美術作家)
2016年4月2日[土] 14:00-15:30

いずれも美術館1階講堂にて[30分前に開場します。定員172人]


http://www.museum.toyota.aichi.jp/exhibition/2016/special/yamaguchi.html

写真集を自ら販売しているページをリニューアル。
ミチラボラトリーは下道自身の小さな出版社です。

http://michilabo.thebase.in/

豊田市美術館の常設特別展『時と意識ー日付絵画とコレクション』に『torii』が出品されています。
美術館内の図書館で開催されている新作『ははのふた』も4/3までなので、是非お越し下さい!


「開館20周年記念コレクション展II:時と意識-日付絵画とコレクション」
2015年12月19日[土]–2016年4月3日[日]
豊田市美術館

休館日:月曜日 [1月11日、3月21日は開館]、2015年12月29日-2016年1月4日
開館時間:10:00-17:30 [入場は17:00まで] 


『新しい骨董』メインページ
"NEW ANTIQUE"

http://atarashiikotto.com/

『新しい骨董』お店
Here is "NEW ANTIQUE" Shop

http://atarashii.theshop.jp/

『新しい骨董』メンバー

◆山下陽光(やました・ひかる)
1977年、長崎生まれ。高円寺の古着屋「素人の乱シランプリ」元店主。「途中でやめる」という名前の服を発表するかたわら、戦後原爆ドームの前に出来たアトム書房の調査など、インターネットに転がるユニークな情報を探り、現代に接続する様々な活動を行なっている。長崎県大村市在住。
http://blog.goo.ne.jp/BASHOP

◆下道基行(したみち・もとゆき)
1978年、岡山生まれ。2001年武蔵野美術大学造形学部油絵科卒業。写真や文章を表現手段に、モノ/コトの残り方/消え方や、目の前に広がる風景の在り方に興味を持ち、旅やフィールドワークをベースに、数多くの展示や出版等で表現を続けている。愛知県名古屋市在住。
http://m-shitamichi.com/

◆影山裕樹(かげやま・ゆうき)
1982年、東京生まれ。雑誌編集部、出版社勤務後フリーに。数々のアート&カルチャー書の出版プロデュース・編集を行う傍ら、近年は各地の芸術祭やアートプロジェクトに編集者として関わっている。著書に『大人が作る秘密基地』など。東京都豊島区在住。
http://www.yukikageyama.com/

:::::::::::::::

"NEW ANTIQUE" member
◆Hikaru Yamashita
Discoverer. 1977 Born in Nagasaki.
http://blog.goo.ne.jp/BASHOP

◆Motoyuki Shitamichi
Artist. 1978 Born in Okayama.
http://m-shitamichi.com/

◆Yuki Kageyama
Editor. 1982 Born in Tokyo.
http://www.yukikageyama.com/

img183.jpg シリーズ[Dusk/Dawn]の写真集。 地球のどこかの朝と夕暮れが同時に起こっている、そんな日常当たり前にどこでも起こっていることを写真で見つめ直します。アメリカと日本の空のグラデーションのみの本体。カバーを外すと、本本体には一切文字がありません。世界のどこかではじまりと終わりが同時に起こっている。世界中でパラパラして欲しいとそんな思いで作りました。
写真集[Dusk/Dawn]
写真/文章/編集:下道基行 装丁:木村稔将 発行:ミチラボラトリー 発行日:2015年6月10日 印刷・製本:株式会社山田写真製版所 ISBN978-4-9907518-1-4 C0072 17.2cm×13cm120ページ 価格: 2500円+税


Dusk_Dawn-5d_w.jpg
photo by Masatoshi Kaga

「他人の時間|TIME OF OTHERS」
シンガポール美術館

2015年11月21日―2016年2月28日

「TIME OF OTHER」
Singapore Art Museum

21 November 2015 - 28 February 2016
https://www.singaporeartmuseum.sg/

東京都現代美術館、そして国立国際美術館と巡回した展覧会が、シンガポール美術館へ。下道は国立国際で展示していたシリーズ『torii』が5点展示されます。

A survey of contemporary art from the Asia Pacific region, Time of Others features works of artists responding to social, historical and geopolitical concerns at this present juncture of living in a more interconnected world today, where notions of boundary, difference and Otherness have also become more complex.

Time of Others poses the paradoxical question of how we can authentically and meaningfully conceive, understand and engage with other cultural contexts of society, while residing within our own localities, and being part of a globalised world today. The exhibition presents contemporary artists from diverse regions whose works reflect on both individual and shared histories, cultural specificities, colonial legacies, as well as their subjectivities that shape our understanding of culture and identity today.


個展『Re-Fort Projectー海を眺める方法』
奈義町現代美術館

2015年11月14日ー12月13日
09:30-17:00
一般: 700円、大学生:500円、中学生小学生: 300円
708-1323 岡山県勝田郡奈義町豊沢441 

http://www.pref.okayama.jp/seikatsu/kenbi/permanent-exh-i-shishou-5.html

最新作『Re-Fort Project7』2015と『Re-Fort Project6』2013を”海を眺める方法”として構成し展示します。岡山県立美術館とほぼ同時期の展示です。この機会に岡山へ是非。(ただし、ふたつの距離は電車&バスや車でも2時間はかかります)岡山県立美術館では、I氏賞を受賞したときの「torii」「Dusk/Dawn」などの過去作をしっかりと見せます。奈義町現代美術館では『Re-Fort Project』のvol.7とvol.6。ついに北海道のトーチカを再生します。


『第5回I氏賞受賞作家展 めぐりあう時間』
岡山県立美術館

2015年11月6日ー12月13日
09:00-17:00
一般: 350円、大学生:250円、65歳以上: 170円、高校生以下無料
〒700-0814 岡山県岡山市北区天神町8−48

http://www.pref.okayama.jp/seikatsu/kenbi/permanent-exh-i-shishou-5.html

岡山県新進美術家育成「I氏賞」は、岡山県にゆかりのある新進作家を支援し、次代を担う美術家を育成することを目指しています。これまでに、大賞8名、奨励賞16名の作家に賞を贈呈するとともに、2010年から「I氏賞」受賞作家を紹介する展覧会を、岡山県立美術館で開催しています。
下道は、I氏賞によって自分の出版社道ラボラトリーを立ち上げ、写真集を自ら制作し始めました。今回は、写真と共に、写真集や出版物の展示も行ないます。お楽しみに。


『ははのふた/Mother's Covers』
豊田市美術館ライブラリー

2015年10月10日ー2016年4月3日
10:00-17:00
〒471-0034 愛知県豊田市 小坂本町8丁目5番地1

http://www.museum.toyota.aichi.jp/schedule/

豊田市美術館の『図書館』で展示が明日より始まります。中学生とWS+新作。僕自身、展示を見に何度も通っていたのですが、図書館がある事を知りませんでした。本来展示会場ではない静かで素敵な場所に写真展を寄生させました。ささやかで静かな展示。作品は、まずシリーズ『ははのふた』、で、後半からは地元豊田市内の中学生が各自の家から様々な観察を行ない、2つの展示が重なります。僕と中学生がお互いの日常を観察し並べる、という意味では、あいトリのような構成ですが、内容としては新しい挑戦になります。

文化庁メディア芸術祭鹿児島展『境界のあいだ』
かごしま文化情報センター

2015年10月28日-11月15日
10:00-18:00 (水・日曜休)

文化庁メディア芸術祭鹿児島展『境界のあいだ』に参加。
与論島をフィールドワークして、与論の方から様々なお話を聞きました。
『あいだの島のはなし』という作品になり、展示を行います。

http://mediaarts-kagoshima.com/


日本カメラ 2015年11月号
コーナー「今月のPHOTO&PEOPLE○下道基行」掲載されています。

http://www.fujisan.co.jp/product/1954/new/

『2015フォトシティさがみはら受賞作品展』
相模原市民ギャラリー

2015年10月16日ー11月3日
新宿ニコンサロン
2016年2月3日-15日
問い合わせ:042-769-8202相模原市文化振興課(電)

この度、シリーズ『torii』が、第15回フォトシティさがみはら 2015にて、さがみはら写真新人奨励賞を受賞しました。日本の写真界というのは世界的でありながら独自の広がりがあり、今回このように評価して頂いた事は大変に光栄な事です。ありがとうございました!
この10年制作で付き合って来た写真や額装の職人さんと受賞を喜べたのは大変良い機会になりました。

「東京国際写真祭2015」
ART FACTORY城南島

2015年10月9日~10月18日
東京都大田区城南島2-4-10
http://www.tipf.jp/japanese/

「Tokyo International Photography Festival 2015」
ART FACTORY Jonanjima

Oct.5-18, 2015

「東京国際写真祭2015」に『Dusk/Dawn』を出品致します。世界の素敵な写真家が集結するそうです。お楽しみに。


旅するリサーチラボラトリー。
ポッドキャスト。ラジオ的なのを作りました。
聞いてみてください!

https://www.youtube.com/watch?v=sa4bQVA1Hq4&list=PLke2vUiLzHd5zAfj27xlqSLEayvEaZMKs&index=1


00000.jpg

http://www.dojimariver.com/event/dojima-river-biennale-2015/

堂島リバーフォーラム   大阪市福島区福島1-1-17 TEL06-6341-0115
会期=7月25日[土] ― 8月30日[日] 会期中無休
開館時間=11:00-19:00(入館18:30まで)

入場料=一般1,000円/高校・大学700円/小学・中学生500円
前売券=各100円OFF
[前売券販売]4月15日 10:00~
チケットぴあ 電話予約:0570-02-9999(Pコード:766-731)
店頭販売:チケットぴあ店舗/セブン-イレブン/サークルK・サンクス
インターネット: http://pia.jp/t/(※PC・携帯電話共通)

交通案内=京阪電鉄中之島線「中之島駅」・阪神本線「福島駅」より徒歩約5分 / 市営地下鉄四つ橋線「肥後橋駅」JR東西線「新福島駅」より徒歩8分

concept


“Little Water”

鴨長明が書いた「方丈記」(1212年)の出だしの一節「行く川のながれは絶えずして、しかも本の水にあらず」は、日本文学における”無常”の表現として大変良く知られている。一方、これと驚くほど似た表現が西洋にもある。ギリシャ哲学者のヘラクレイトスは、紀元前500年頃、「同じ川の流れの中には再び入ることはできない」と述べ、「万物は流転する」という有名な言葉を残した。また最近では、スペイン出身の社会学者マニュエル・カステルは、その著書「ネットワーク社会の出現」(The Rise of Network Society, 1996)の中で、急速に技術革新を続ける情報化時代の「流れの空間性」という問題を指摘している。グローバル化した流動性により、人と社会とかかわりにおいて固定された場所よりも時間の流れがますます重要となってくる。
テイク・ミー・トゥー・ザ・リバーは、現代における「流れの空間性」と、そこに現れる変容と交換を探る展覧会である。今日の世界は、歴史上、前例のない多様性によって特徴づけられる。本展では、そうしたグローバルに錯綜した様相を、今日の現代美術を通して検証すべく、「川」という比喩を用いる。従来の共同体的な場に依拠したセルフ(自我)の概念は失われ、それに代わり、より流動的な「ネットワーク・カルチャー」という場に依拠したセルフが現れている。果たして、個々のアーティストの主観的な在り様が、こうした新たな状況においていかに機能し、また変化をもたらしうるか。この展覧会はそうした物の見方を喚起する。

アーティスティック・ディレクター  トム・トレバー

The opening sentence of Hōjōki, written in 1212 by Kamo no Chōmei, is celebrated in Japanese literature as an expression of mujō (the transience of things): “The current of the flowing river does not cease, and yet the water is not the same water as before.” In the Western tradition, a strikingly similar saying is ascribed to Heraclitus, circa 500 BC: “You cannot step into the same river twice”, along with the famous declaration: “Everything flows, nothing stands still.” More recently, Manuel Castells defined a new “space of flows” in his book, The Rise of the Network Society (1996), arising from the rapid technological developments of the Information Age. Essentially this emerging global condition of flux shifts the emphasis of social relations to people’s place in time rather than in space, defined by dynamic movement rather than by static location. As a result, Castells says: “Our societies are increasingly structured around the bipolar opposition of the Net and the Self.”

Take Me To The River is a project about change and exchange in the contemporary space of flows. Exploring the notion of ‘the current’ within contemporary art, and the confluence of multiple temporalities within globalised culture today, it employs the metaphor of the river to examine the experience of being immersed in a world marked by an unprecedented diversity and depth of difference, by the coexistence of incommensurable viewpoints, and by the absence of an all-encompassing narrative (including those of modernity or post-modernity) that will enlist the participation of all. Within this convergence of different worlds that makes up the historical present, many different ‘currents’ compete for ascendency, but with no clear vision of the future. At the same time, traditional notions of the self, as grounded in a communal sense of place, are being washed away, replaced by a ‘network culture’ of emergent meanings and practices. The question is, how will the singularity of the artist function and change in relation to these new conditions? What happens when the subjective self is set adrift in the ‘space of flows’ – when you ‘take me to the river’?

Artistic Director: Tom Trevor

artists

アンガス・フェアハースト/ピーター・フェンド/サイモン・フジワラ/メラニー・ギリガン/池田亮司/メラニー・ジャクソン/笹本晃/島袋道浩
下道基行/ミッシェル・スティーブンソン/ヒト・スタイル/スーパーフレックス/照屋勇賢/プレイ/フェルメール&エイルマンス
アーティスティック・ディレクター:Tom Trevor (トム・トレバー)

Angus Fairhurst/Peter Fend /Simon Fujiwara/Melanie Gilligan/Ryoji Ikeda/ Melanie Jackson/Aki Sasamoto /Shimabuku/
Motoyuki Shitamichi/Michael Stevenson/Hito Steyerl/Superflex/Yuken Teruya/The Play/Vermeir & Heiremans
Artistic Director:Tom Trevor

BRIDGE_2.jpg

デザイナーで『旅ラボ』メンバーでのある丸山晶崇さんと一緒に展覧会を作ります。
2011年に制作したシリーズ『bridge』を350ページの手製本の本にして展示を開催。
限定10冊。値段未定。
お楽しみに。

::::::::::::::::

下道基行
bridge

circle gallery & books
2015.5.1.fri - 5.18.mon
OPEN 12:00 - 19:00 CLOSE tue/wed/thu
〒186-0011 東京都国立市谷保5119 やぼろじ内
TEL / FAX 042-505-8019
http://www.circle-d.me/gallery/

2011年3月15日
ある旅先で、道端の用水路に置かれた“切れ端の板”が、道と生活とを繋ぐ小さな“橋”である事に気がついた。そう言えば、そこらじゅう“橋”だらけだった。これらを“橋”と呼べるのか?建造物? 道具? インフラ? …
ただ、隔たりを越えるために架けられたモノたちで、たぶん生活/風景の必要最小単位の名も無い物体であり行為のひとつではないかと思う。([bridge]は動詞で“架ける“も意味する。)

風景はとても速いスピードで変化し続けている。身の回りにモノは溢れてる。建造物は巨大化する。情報や物流はスピードを加速させる。それらを拒否する事はほぼできない。使い込まれた道具を愛おしく見つめるように、この世界を眺めることはできるのだろうか?
写真家はあまりモノを産み出さない。この世界を正面から受け止め、愛おしく切なく時に痛い視点/まなざしを産み出すのではないか。「これは○○である」とパッケージ化/カテゴリー化/モニュメント化されていない、物体や関係性を視覚化するための小さなスイッチをそっとオンにする。見えない風景だから。

下道基行

--
2011年に発表されたシリーズ「bridge」。今回は、その後にも撮られた写真をさらに繋げ、アートブックとして制作販売いたします。お楽しみに。  [デザイン:丸山晶崇(circle-d)]
--


SHITAMICHI Motoyuki
-
1978年岡山生まれ。2001年武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒業。日本国内の戦争の遺構の現状を調査する「戦争のかたち」、祖父の遺した絵画と記憶を追う「日曜画家」、日本の国境の外側に残された日本の植民/侵略の遺構をさがす「torii」など、展覧会や書籍で発表を続けている。フィールドワークをベースに、生活のなかに埋没して忘却されかけている物語や日常的な物事を、写真やイベント、インタビューなどの手法によって編集することで視覚化する。
--
現在、東京都現代美術館にて、 「他人の時間|TIME OF OTHER」に参加中(2015年4月11日[土] — 6月28日[日]まで)。
また、森美術館にて、『MAMコレクション001:ふたつのアジア地図― 小沢剛+下道基行』が開催中(2015年4月25日[土]-7月5日[日]まで)。
--
http://m-shitamichi.com

【関連イベント】 クロストーク
下道基行(写真家/美術家)× 丸山晶崇(デザイナー/circle代表)
--
日時:5月16日[土]17時00分~18時30分
参加費:1,000円
定員:20名(予約優先)
--
ご予約はメールにて承ります。件名に「『bridge』トークショー参加希望」、本文にお名前・電話番号・人数をご記入の上、shop@circle-d.meまでお送りください。折り返しメールをお送りします。(迷惑メールの設定にご注意ください)

『MAMコレクション001:
ふたつのアジア地図―― 小沢剛+下道基行』

会期:2015年4月25日(土)-7月5日(日)
企画:片岡真実(森美術館チーフ・キュレーター)

「MAMコレクション001」では、世代の異なるふたりのアーティスト、小沢剛(1965年生まれ)と下道基行(1978年生まれ)が見てきたアジアを、「ふたつのアジア地図」と題して紹介します。小沢は1980年代末から世界各地を旅し、その場の風景に伝統的な日本の風景を象徴する地蔵を添えて撮影してきました。本展では、この「地蔵建立」シリーズのうちアジア各地で撮影された作品を展示します。一方の下道基行は、2006年から2012年にかけて、日本の国境の外側にある太平洋戦争の遺物として、いまも残る鳥居を撮影しました。明治から終戦まで統治した台湾や韓国から、サハリン、サイパンまで、本殿を失った鳥居の歴史と現在が静かに伝わってきます。彼らが歩いたアジアの軌跡からは、政治的、社会的な変化とともに、そこで積み重ねられた人々の営みが見えてくることでしょう。

http://www.mori.art.museum/jp/exhibition/mam001.html


展覧会に参加します。お楽しみに!

::::::::::::::::

「他人の時間|TIME OF OTHER」
東京都現代美術館

2015年4月11日(土)―6月28日(日)

「他人の時間」展は、東京都現代美術館、国立国際美術館、シンガポール美術館、クイーンズランド州立美術館|現代美術館、国際交流基金アジアセンターによる共同主催事業です。展覧会は2015年4月に東京で始まり、大阪、シンガポール、ブリスベン(オーストラリア)へと巡回しながら、各館のコレクションを含めたアジア・オセアニア地域の若手を中心としたアーティストおよそ20名による作品を紹介します。
本展が開催される各国では、1990年代からアジアの現代美術に関する紹介や研究が継続的に行われてきました。今回の協働作業は、私たちそれぞれの「アジア」に対する眼差しをどのように更新することができるのかという問いを出発点としています。それは、つながっているようで差異に満ちたこの地域の文化や、そこに住まう人々を、共通項を設けて一括りに捉え直そうとするのではありません。むしろ、他者との境界を揺るがし続ける多元的な歴史や、相互的に作用しながら変容する社会について探る作品を通じて、私たちが互いを、そして自らをどのように認識しているのかを問うことを目的としています。

コンセプト
今という時代を共に生きる私たちの関係は、複雑なつながりと分断のうちにあると言えます。情報やモノの速く広い移動によって、遠く離れた人々と同時代的なつながりを感じることは珍しいことではなくなりました。しかし逆に、異なる価値や文化の衝突、社会不安などから生まれる排他主義やナショナリズム、他者への無関心はその勢いを増す一方です。
展覧会タイトルにある「他人の時間」とはまさに、たとえ同じ時代に生きていても、自分とは関わりのない人々の時間という意味を想起させます。しかし、その隔たりにあえて意識を向けることは、「わたし」と「他人」の間に何があるのか、何がその関係を築き、もしくは分断しているのかを問う事へとつながります。それは、相手をみる自らの眼差しを意識し、「他人」の姿を異なる視座から見つめてみることだとも言えます。
私たちは、誰かが目にするものを同じように見ることはできません。だからこそ、「他人」に寄り添って世界を見ること――そこでは何が見え、「わたし」はどう映るのかを考える意義があるのではないでしょうか。本展はこのような問いから出発し、さまざまな「他人の時間」に向き合う手掛かりとなる作品をご紹介します。

参加作家
キリ・ダレナ|グレアム・フレッチャー|サレ・フセイン|ホー・ツーニェン|イム・ミヌク|
ジョナサン・ジョーンズ|河原温|アン・ミー・レー|バスィール・マハムード|
mamoru | ミヤギフトシ|プラッチャヤ・ピントーン|ブルース・クェック|下道基行|
ナティー・ウタリット|ヴァンディー・ラッタナ|ヴォー・アン・カーン|ヤン・ヴォー|

巡回予定
国立国際美術館 2015年7月25日(土)-9月23日(水・祝)
シンガポール美術館 2015年11月19日(木)-2016年2月28日(日)
クイーンズランド州立美術館|現代美術館 2016年6月11日(土)-9月18日(日)

http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/timeofothers.html

ワークショップ『見えない風景』千葉/佐倉編
下道基行
「見えない風景」は2010年に大阪で制作し、その後日本各地で行なっているワークショップ。
路上観察と散歩とスナップを混ぜたような、でも”カメラ”を使わない写真的体験。
言葉の地図を各参加者は制作し、最後にみんなで交換して散歩と、視覚の交換がそこで生まれてくる。

日時 3月7日(土) 10:30~15:30
場所 佐倉市立美術館および周辺市街地
(美術館を基点とし、徒歩10分程度の周辺市街地を想定)
定員 10人 (申込多数の場合は抽選)
参加無料
申込 参加希望者の①氏名②住所③電話番号を明記のうえ、はがき・ファクス・Eメールのいずれかで、「佐倉市立美術館WS係」まで。

佐倉市立美術館メールアドレス
muse@city.sakura.lg.jp
  

http://www.city.sakura.lg.jp/sakura/museum/bosouwomeguru.html

対談『トランス・ローカリティの映像的未来 ─トゥルー・カラーズの世界へ』
(毛利嘉孝+分藤大翼+下道基行+北澤ひろみ)

恵比寿映像祭の時に収録された対談です。

http://www.yebizo.com/jp/forum/dialogue/06/dialogue.html


:::::::::::::::::::::::::::

毛利嘉孝 / MŌRI Yoshitaka
1963年生。東京藝術大学准教授。京都大学経済学部卒。
ロンドン大学ゴールドスミス・カレッジPh.D.(社会学)。専門は社会学・文化研究。特に音楽や現代美術、メディアなど現代文化と都市空間や社会運動をテーマに批評活動を行う。主著に『ストリートの思想』(日本放送出版協会)、『文化=政治』(月曜社)、『増補ポピュラー音楽と資本主義』(せりか書房)。

分藤大翼 / BUNDO Daisuke
1972年大阪府生まれ、長野県松本市在住。
京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科博士課程修了。1996年よりカメルーン共和国東部州に暮らすピグミー系狩猟採集民の調査研究を行う。主な映像作品に《Wo a bele─もりのなか─》(2005)や《Jengi》(2008)、第4回恵比寿映像祭で上映された《jo joko》(2012)など。2013年現在、信州大学全学教育機構准教授。

北澤ひろみ / KITAZAWA Hiromi
恵比寿映像祭ディレクター。
ナンジョウアンドアソシエイツにて現代美術の展覧会、プロジェクトの企画に携わる。その後、トーキョーワンダーサイト勤務を経て、2010年より恵比寿映像祭キュレーターを務め、2013年より現職。主な展覧会企画に「森山・新宿・荒木」(東京オペラシティアートギャラリー、2005)、「安村崇写真展」(パルコミュージアム、2005)、「Melting Point」(東京オペラシティアートギャラリー、2007)、「Double Fantasy:韓国現代美術展」(丸亀市猪熊弦一郎現代美術館、2009)などがある。

昨年夏に行なった”リサーチャーをリサーチする”企画『旅するリサーチラボラトリー』。
車に乗って10日間、いろんな人に会いに行きました。
成果物がダウンロードができます!
ipadとかで読んだら読みやすそう!是非!

http://www.tarl.jp/cat_output/10549.html

神奈川の深谷通信所跡地に滞在。サイト・イン・レジデンス『環世界 資料室』のガイドブックのふろくのようなミニ冊子を作りました。
円形の敷地の境界線の上を歩き、内側にカメラを向けた側と外側に向けた側をポストカードサイズの蛇腹の裏表に印刷しました。この場所は今後劇的に変化していくと思います。2015年1月の記録として、数年後に再びその土地に訪れて見ながら歩くと面白いかもしれません。冊子はくるりと五角形にして眺めるも良し。

IMG_3109.jpg IMG_3107.jpg IMG_3108.jpg

深谷通信所
2015.12.11-13

深谷通信所の敷地は直径約1キロのきれいな円形をしている。地図を手に敷地の境界線の上を歩きながらそこから内側と外側へカメラを向けた。外周の円は柵で囲まれていないが、1/3程度は道路によって弧が描かれていて、残りの2/3はよく見ると約数十メートルおきに杭が打たれている程度で、内と外は緩やかに繋がっている。過去から現在へ、航空写真で眺めると、円形はこの辺りの開発が進む1960年代まではぼんやりとしている。1960年代以降、この円形の輪郭は、内側の風景がほとんど変化しない事とは対照的に、周囲からの開発で敷地ギリギリまで宅地など整備がなされることによって、外側から大地に描かれていった。役目を終えた大地の円形は今後どのように変化して行くのだろうか。  下道基行

:::::::::::::::::::


『環世界 資料室』
http://www.siteinresidence.org/
環世界資料室は、元米海軍深谷通信所に関する資料室です。
2014年6月30日、戦後70年間米軍基地であると同時に、
菜園や野球場、散歩道など、人々が集い利用する共有地であった米海軍深谷通信所が返還されました。
それから6ヶ月。その風景は急速に変わりつつあります。
「環世界資料室」では、この土地の歴史の断片を物語るさまざまな資料に加え、
3人のアーティストが、彼・彼女らの眼差しで捉えたこの土地の姿をご紹介します。
ここは、この土地にいま一度向き合うための小さな資料室です。

企画:坂田太郎 デザイン:木村稔将

スクリーンショット 2015-01-29 14.46.52.png

2月7日より、名古屋にあるギャラリーNで個展を開催します。
内容はシリージ『Re-Fort Project』の第6弾『海を眺める方法』。共同企画に服部浩之さん、協力として画家の秋山幸さん。この作品は2013年『六本木クロッシング2013』の半年前に制作しまし、同展に出品した『戦争のかたち』と『Re-Fort アーカイブ』ともに出品しました。
ギャラリーNは、建築家の谷尻誠さんが設計したスケルトンな花屋。この少し変わった室内を使って、名古屋を中心に若手作家が実験的な活動をしてきました。今年で8年目。
2013年に制作発表した『海を眺める方法』は、昨年は山口市のN3 ART Labで発表を行い、今回はさらに編集を加え展示を行います。1度見た方も新しい発見があると思います。
作品としても1度だけの発表で”新作”として消化してしまうだけでななく、ミュージシャンでいうとアルバム制作をしてライブを行なって行くように、色々な場所へ移動させながら、場所によって編集を変え、いろいろな場所と人々に見せて行けることは重要だと思っています。僕としても一回一回、挑戦と発見がありますし。
今回は、はじめて、ドローイング制作しています。ムサビ油絵卒業以来の絵を描いています。販売も行ないます。是非。

個展
Re-Fort Project 6「海を眺める方法」
下道基行
2月7日(土)~ 2月22日(日)
会場:florist_gallery N 名古屋市千種区鏡池通3-5-1
営業時間:18:00 - 21:00 ※今回は映像展のため夜間のみの展示となります。
定休日:水・木曜日
入場無料
問:052-781-0081
http://www.f-g-n.jp/
協力:秋山幸

※2月7日(土) ギャラリートーク 19:00~
http://www.f-g-n.jp/

明けましておめでとうございます。
雑誌『アサヒカメラ』2015年1月号、特集「2015年注目の写真家たち」の中で光田ゆりさん(松涛美術館)推薦で紹介されていました。有り難い事です。
今年もよろしくお願いします。

A happy new year.
2015

建築雑誌 12月号 に文章を寄稿しました。
「フィールドワークとカメラ」という題です。

kenchikuzasshi.jpg

:::::::::::::::::::

建築雑誌 12月号 
特集= フィールドワークとツール

Fieldwork Tools

特集 フィールドワークとツール
 フィールドワークを建築誌で特集するならば、〈フィールドワークの「対象」〉から分類して考えるのが一般的なアプローチと言えるのではないだろうか。集落調査、都市空間における行動領域調査、山谷地区の調査、団地の暮らし方の聞き取り調査、東京のスリバチ地形の調査など、どのような「対象」をフィールドとして選択するか、という「対象」の多様性を扱うことでフィールドワークの現在を考えるという内容となる。本特集では、編集会議での議論の結果、「対象」からアプローチする方法をあえて取らないということにした。われわれが替わりに選んだのは、〈フィールドワークで用いられる「ツール」〉に着目するというアプローチである。
 あらためて考えてみるまでもなく、フィールド(環境)から何かを読解し、それを描写、記述していく過程においては、必ずなんらかの「ツール」が介在することになる。読解の段階で「ツール」が介在するケースもあれば、描写や記述の段階で「ツール」が介在することもあるはずだ。あるいは「ツール」自体がメディアだとするならば、「ツール」を使いこなしていくことで、身体そのものの感覚が変容していくこともあるかもしれない。「ツール」の特性を凝視することから、環境と身体との関係性について、今までとは違う考察を試みようというのが狙いだ。
 今号の企画打合せにおいて、たびたび人類学者のティム・インゴルドが話題にのぼった。インゴルドは、人間が環境をうつしとる行為を「線描(drawing)」と「記述(writing)」という二つに分けて定義しているが、これを用いて、「線描(drawing)」とは環境に身体が反応して断片がうつされていく〈運動〉であるとし、一方で「記述(writing)」とは環境が体系を内包しながらうつされる〈運動〉であると考えた。そうすることで、「フィールドワーク」というものを、ツールを基点に、より分析的に扱えるのではないかと思ったのである。この私的な考察を用いて、本特集記事を分析し、右ページにマトリクスとして掲載した。私個人の感覚的な整理の枠を出ない部分もあるが、本特集を読み解く海図のようなものとして活用していただけたらと思う。
 各論考を読み解いていくと、「ツール」は、単に環境を読解、記述するための道具という合目的な存在に留まらず、身体を環境に同化させていくためのインターフェースとなっていることがわかる。「ツール」を使い続けることで、「線描(drawing)」から「記述(writing)」に位相がずれる現象が、それぞれの取組みのなかで起こっていることがよくわかる。フィールドワークの「ツール」に着目するという、一見、カタログ的で短絡的なアプローチに思われるかもしれないが、本特集が、建築学にとらわれず、フィールドワークそのものを科学し、フィールドを構築する学として建築を再び組み立て直していくための、なんらかのきっかけになれば幸いである。
(藤原徹平)
会誌編集委員会特集担当
栢木まどか(東京理科大学)、黒石いずみ(青山学院大学)、篠原聡子(日本女子大学)、南後由和(明治大学)、藤原徹平(横浜国立大学)、真壁智治(エム・ティ・ビジョンズ)
[目次]
特集|フィールドワークとツール
フィールドワークとツール
2 会誌編集委員会 主旨
4 原広司 環境をうつすこと─身体と環境の間・集落調査・写経
10 佐藤浩司 民家調査の現在
12 柳澤田実 身体・線・とりとめのない日常
14 千葉学 地図と自転車
16 槻橋修 「記憶の模型」によるフィールドワーク
18 真壁智治 フロッタージュというツール
22 飴屋法水×朝吹真理子 環境の触り方、言葉の探し方
28 伊藤毅 古地図
30 西川麦子 コミュニケーションツールとしてのラジオ
32 加藤文俊 ツールを考えること
36 乾久美子 「小さな風景からの学び」での試み
38 下道基行 フィールドワークとカメラ

連載 
住むことから考える東京2020④
42 石川初
運動競技のランドスケープ
海図の切れ端─現代建築批評再考⑥
44 石塚直登
『球と迷宮 ピラネージからアヴァンギャルドへ』
マンフレッド・タフーリ
次代を拓く建築展⑥
45 暮沢剛巳
「メディアとしての建築」という問題提起
震災復興ブレイクスルー⑫
46 阿部俊彦
気仙沼内湾地区の「まち」と「海」の復興コミュニティ拠点
未来にココがあってほしいから─名建築を支える名オーナーたち⑫
48 犬木登+犬木幸子
セキスイハイムM1
エムワン
犬木邸
住むことから考えるU-35⑫
49 稻用隆一
東京の状景
岩瀬諒子
ツタンカーメンの種子
尾内志帆
パンを介したつながり
EDITORS' CAFÉ⑫
50 会誌編集委員会
編集後記

小さな小さな地元岡山初個展。
作家の太田三郎さんの事務所兼スペースです。予約制です。太田さんにも会えます!

下道基行ー紙の仕事
会期=2014年12月6日(土)~21日(日)午後1時~7時  
会場=Space Seed(スペースシード)
観覧料=200円(観覧記念品進呈)
※観覧ご希望の方は、メールか電話でご予約ください。
〒708-0004 岡山県津山市山北405-2 山北ビル301(有)シード・プロジェクト
tel & fax 0868-24-4134 e-mail:seedproj@ybb.ne.jp http://seedproject.jp

http://seedproject.jp/exhibition.html

”漂泊之碑”


過去はどのように編集され継承されるか。
そこに関わるモノの存在と、形状と意味の変容。
さらに閉じ込められた過去を開封する方法と体験。

『沖縄』と『大阪』にて同じタイトルで別々の新作個展を開催します。
2カ所の”船着き場”で“新しいモニュメント”をテーマにした連作。
沖縄では、沖縄本島や八重山諸島を旅し「揺れる境界」を、
大阪では今年閉廊した梅香堂にて「消えること」「残すこと」をテーマに。
シリーズ『torii』などの写真シリーズからコンセプトを繋ぎながら、
今回はカメラを主に用いず「蒐集」と「編集」を行ないます。


漂泊之碑05.jpg

個展
『漂泊之碑  沖縄/泊』
下道基行
2014年11月09(日)—12月2日(日)12:00-19:00 (水曜休み)
沖縄コンテンポラリーアートセンター
沖縄県那覇市泊3-4-13
企画展『隣り合わせの時間』(キュレーション:土方浦歌)連続個展形式内にて


泊について

ここの地名は“泊(トマリ)”という。
沖縄県那覇市泊3-4-13。フェリーターミナルが角を曲がったすぐの所にある。汽笛の音が時々この空間まで聞こえてくる。少し歩くと漁港があり市場が賑わっている。空にはカモメもとんでいる。港の隅には古い外人墓地がある。鮮やかな色の造花と芝生の緑と白い十字架。中国やフランスやスウェーデンやアメリカなどの色々な国籍の人々の名前が並ぶ。その敷地内に『ペルリ提督上陸之地』という石碑が立っている。ペリーは浦賀の翌年、この泊に上陸した。石碑には『琉球人の繁栄を祈り且つ琉球人とアメリカ人とが常に友人たらんことを望む。1853年6月6日、大美御殿における招宴席上のペルリ挨拶』とある。アメリカが、すでにこの時期に沖縄の地理的重要性に目を向けていたこと、そしてこの島が今でも様々な国の間で揺れていることにまっすぐに繋がるように感じる。
“泊”の意味は、【船が停泊すること。また、そのところ。】とある(『日本語大辞典』小学館)。ただ、船だけでなく「旅人が宿泊する」ように、漂う人や物がある場所に「(寄せて)停止する」というイメージを思い浮かべることもできる。
泊という地名は、ここの他にも沖縄県内にも他にもあるし、国内に多く存在していて、そのほとんどは港町や海沿いにある。北海道の原発の町も泊だし、青森や富山…、今は国内ではないけどサハリン(旧樺太)を旅した時にも、トマリという日本語の音だけがロシアの寂れた港町の名前に残されていたりもした。
“泊まる”は、“止まる”などの「停止する」意味合いだけではなく、その後、船や旅人が再びどこかへ「漂泊」をはじめる、「再び“漂う”可能性」「変化し続ける可能性」を文字の中に帯びている。色々な漂泊と定着が幾度と無く繰り返してきた人や物の往来の時間が地名から想像される。
今回、僕はこの泊に流れ着いた。ペリーのように計画的ではない…が、ただ偶然でもあり必然でもある漂着。そして、ここから沖縄本島や徳之島や八重山諸島、さらに台湾との国境の海上まで旅をした。様々な過去や人や風景に出会い、強く心が動かされた。この小さな島々は、様々な境界線が交わっていて、外から寄せてくるモノたちに常に翻弄され、逆にしたたかに利用しながら力強く漂っている。緩やかに混ざりあいながら変化し続けるこの場所に停泊しながら、たくさんの旅のはじまりの予感を感じた。
僕の今回のミッションは、この場所で新しい何かを生み出し見せること。それは、「僕自身が人と出会う時」や「作品に人々が出会う時」に良い意味で摩擦を生むことだと考えている。
今回の漂着や旅や出会いを内包した展示自体を“漂泊之碑”として表現しようと思う。流動的で可変性のあるモニュメントとして。

下道基行





企画展『隣り合わせの時間』
2014年10月12日-2015年2月17日(1作家1ヶ月程度の連続個展形式)
参加作家:黃沛瀅(台湾)、クォン・オサン(韓国)、青野文昭、下道基行
キュレーション:土方浦歌
日本、台湾、韓国からの若手作家四名が、沖縄を中心に移動しながら、地域住民との共働による滞在制作を行います。その各々の取り組みを、那覇市内の同じ場所で順次作家を変え発表していきます。
展覧会HP http://2014timesharing.jp/




漂泊之碑06.jpgのサムネール画像


個展
『漂泊之碑  大阪/梅香』
下道基行
2014年11月22(土)—30日(日)13:00~19:00
ASYL(元梅香堂)
大阪府大阪市此花区梅香1-15-18

今年閉廊した大阪のギャラリー梅香堂にて、「消えること」「残すこと」をテーマに作品制作を行ないます。シリーズ『torii』などの写真シリーズからコンセプトを繋ぎながら、今回はカメラを主に用いず「蒐集」と「編集」を行ないます。


【スペシャルトークイベント開催!】
2014年11月30日(展覧会最終日)
ゲスト:桂英史、服部浩之

■桂英史(かつら・えいし)
1959年長崎県生まれ。東京藝術大学大学院映像研究科教授。専門はメディア理論、図書館情報学。近年、国内外で新しい公共文化施設のプランニングに携わっている。主な著書に『東京ディズニーランドの神話学』(青弓社)、『インタラクティヴ・マインド』(NTT出版)、『人間交際術』(平凡社新書)などがある。監修者として携わった「美しい知の遺産世界の図書館」(河出書房新社)が、2014年10月に出版された。
■服部浩之(はっとり・ひろゆき)
1978年愛知県生まれ。2006年早稲田大学大学院修了(建築学)。公共機関である青森公立大学国際芸術センター青森(ACAC)に学芸員として勤務する傍ら、Midori Art Center(MAC)というスペースを独自に運営している。青森を拠点としつつ国内外のいくつかの都市や地域を往来するかたちで、建築的な思考をベースに様々なプロジェクトを企画運営し、場をつくり日常生活を創造的に拡張する試みを実践している。数多くの展覧会の企画にキュレーターとして関わっている。


■梅香堂について
西九条の駅を降りて、大阪の下町の梅香へ向かう。スーパーを越えると、運河につく。そこはかつて昔の波止場だったところ。石碑だけがそのことを伝えている。運河にかかる橋を越えながら、人々とすれ違う。運河にはいつものように水鳥がぷかぷかと浮いている。その向こうの川縁に“梅香堂”の明かりがいつものように見える。梅香堂は後々田さんの手作りのギャラリー。いつも“船”のようだと思う。本人もここを船に例えていた記憶がある。停泊中の船。船長は後々田さん。船長は多く過去を語らない男で、「後々ちゃんはミステリアスやから」とたこ焼き屋のてっちゃんも話していた。昔は、大きな船の船長をしたり、大学で航海術を教えたりしていたらしいが、それらをやめて、4年前からこの小さな梅香堂を近所の人々の手を借りてひとりで作り、操業を始めた。
停泊する梅香堂の船長室からはいつも川の水面がキラキラと眺められた。部屋には遠い世界のたくさんの土産物や難しそうな本がある一定の規則のもときちんと並んでいた。たまにふらりと立ち寄ると、他の国からやって来た別の船長と酒を飲みかわしながら難しい話を子供のように楽しそうに語り合っていた。そうかと思えば、近所の子供が訪ねてきたりもした。停泊中の梅香堂の扉はいつも開かれていたが、“普通の社会”の人々は怪しがってなかなか近付かなかったように思う。ただその“普通”のようなものをどうしても素直に受け入れられない人にも船長は優しかったし、船長自身も“普通”への疑問を持つ人だったんだと思う。「もしかすると、梅香堂は、この“普通”とされる世界と戦える数少ない“戦艦”だったのかもしれない…」と、書き始め、船長曰く“吹けば飛んで行きそうな”あの手作りの梅香堂を思い出してひとり吹き出してしまった。
梅香堂には若い船乗りたちが集まるようになった。彼らもまた、そんな“普通”に疑問を感じ、『作品を生み出すことで世界とぎりぎりつながっている』ような、どこか不器用である意味で強い船乗りが多かった。『芸術作品は人によっては装飾品かもしれないけど、人によっては船を前に進めるためのオールのようなモノだったりもする』から。定期的に、梅香堂は船長と若い船乗りをのせて、共に少し長い旅をすることがあった。知らない港に停泊し、様々な料理を一緒に食べ、夜な夜な怪しげなワインをちびちびと飲みながら、いつも船長は静かに話しを聞いてくれ、たまに昔の話をしてくれた。航路については、一切を任せてくれるので、えらく遠回りをして、結局別の港につくこともあった。船長は僕らに上から教えるのではなく、いつも静かに見守ってくれた。僕の1回目の梅香堂での航海は2009年冬。そして昨年末、4年ぶり2回目の航海の途中、突然、船長は消えてしまった。僕と船を港に置いたまま。今はまだそれから10ヶ月しかたたないので、僕はまだ船長はひょっこりと帰ってくるのではないかと思ったりもするんだけど、たぶんそれはないことも徐々に理解してきている。もっといろんな話をしたかったのに…。
僕は今パソコンに向き合いながら、後々田さんと出会ったことや、梅香堂で展示したこと、この四年間のことを思い出しながら、このおかしな文章を書いている。『船長は一体どこに行ってしまったのか…』そのことを僕は自分なりに言葉にしてみようと思う。
「船長は、実は僕らに内緒で、梅香堂とは違う新しい船をこっそり作っていたのかもしれない。それは手作りの“宇宙船”。今まで誰も見たことのないような最新鋭の”宇宙戦艦“…。こっそり行なっていたテスト飛行中、うっかり宇宙にまで行ってしまったのではないか…。」
以上、僕を育ててくれた後々田さんに感謝と敬意を込めて

下道基行

main_4.jpg

『Art trip vol.01窓の外、恋の旅。/風景と表現』
芦屋市美術博物館
2014年9月27日 ~2014年11月30日

この度、芦屋市立美術博物館では「art trip vol.01窓の外、恋の旅。/風景と表現」展を開催いたします。
古来より、いつの時代も人々は、花見や紅葉狩りなどで季節を楽しみ、名勝地や景勝地の風景を愛で、海や川、空の色合いの美しさや山並みの雄大さといった自然美や都市の情景など、生活の中にある風景を享受しながら、四季折々の風景を楽しみ、日々の暮らしに彩りを添えてきました。そのような居心地のよい風景は、天災や人災などで一瞬にしてなくなってしまうことがあります。故郷や思い出の景色、ありふれた日常の風景は、失って初めて大切さを知ることになるかもしれません。
本展では、「風景」をテーマに、芦屋ゆかりの画家である小出楢重や吉原治良、村上三郎や写真家のハナヤ勘兵衛らの作品とともに、国内外で活躍する下道基之(美術家/写真家)、林勇気(映像作家)、ヤマガミユキヒロ(美術家)ら若手作家3名と、日本を代表する詩人の谷川俊太郎の作品を展示します。
絵画や映像、写真の作品とあわせて文学の一つである詩を展示し、美術と詩の関係をさぐりながら、近現代の風景表現の流れを見ていきます。そして、我々をとりまく環境と改めて向き合いながら、かけがえのない存在である風景の力を感じていただきたいと思います。

開館時間: 午前10時-午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日: 月曜日(ただし祝日の場合は翌火曜日休館)

観覧料: 一般500(400)円、大高生300(240)円、中学生以下無料
○11月15日(土)・16日(日)「関西文化の日」はどなたでも無料で展覧会をご覧いただけます。

http://ashiya-museum.jp/exhibition/exhibition_next/6595.html#more-6595

山口市内のカフェ&ギャラリーN3 ART Labで個展を開催します。(木金土日のみ)
その時期、山口情報芸術センターYCAMでも夏の企画展が行なわれています。
山口市は本当に良い町です。この機会に是非。

I have solo exhibition"How to look over the sea" at Yamaguchi city.
Yamaguchi city is great about food and hot spring and people...
please come!

howtolook.jpg


個展 exhibition
Re-Fort Project 6
海を眺める方法
How to look over the sea

下道基行
Shitamichi Motoyuki

2014年8月7日ー9月21日
木日11:30-15:00 金土18:30-21:30
N3 ART Lab
山口県山口市駅通り 1-7-7

協力:秋山幸、多田友充
主催:Life&eat Club/共催:N3 ART Lab

Re-Fort Projectは、砲台などの軍事施設の廃墟を再利用するプロジェクト。前回の第5回目は2009年関門海峡の砲台跡から打ち上げ花火を打ち上げ、その展示は山口市内で行なわれた。その続編となる本展時は、昨年度開催された森美術館での『六本木クロッシング』で発表され、この山口で再編集されインストールされる。

読売新聞朝刊(2014年7月1日)に「鉄犬へテロトピア文学賞」の記事(管啓次郎さん)が鳥居の写真付きで掲載されました!第一回の受賞というのも嬉しいですね。写真集がより多くの人に届きますように。。

広島市中区に新しくオープンした、レトロビルの2階にある本とうつわの小さな店「READAN DEAT」。7/26(土)にトークイベントを行ないます。前半は写真集「torii」と小さな出版社ミチラボラトリー立ち上げについて。後半は『本屋さんの作り方』と題して「READAN DEAT」店長さんにお話を聞きます。サインも書きます。広島の方、是非ー!

2014, Jul 26
I will hold talking event at book shop "READAN DEAT" at Hiroshima.
i will talk about I made my small publish company and made my photo book. and I will intaview for this book shop owner about "How to make book shop". Please come!

http://readan-deat.com/2014/07/写真家-下道基行ミニトークイベント/


:::::::::::::::::::

昨年、広島市現代美術館のグループ展に参加、行われたワークショップも好評だった
写真家 下道基行さんの最新写真集『torii』は、日本の国境の外側に残された鳥居を探す旅。
「過去の残り方/歴史の作られ方」を問いかけます。

下道さんは写真集「torii」を作る為に、自ら小さな出版社ミチラボラトリーを立ち上げました。
取材中や写真集制作時のエピソードなど、色々とお話をお伺いします。

さらに今回、下道さんの提案で、オープンしたばかりの書店READAN DEATの店主に
「本屋さんの作り方」と題してインタビューを行います。どうなるのでしょうか。お楽しみに。


写真集『torii』刊行記念 下道基行ミニトークイベント
日時:2014年7月26日(土)開場/18:00 開演/18:30~ 20:00
入場料:500円(1ドリンク付き)
定員:30名(先着順)
出演:下道基行、清政光博(READAN DEAT)

【お申込み方法】
コンタクトフォームにて受付を行います。
題名を「下道さんトークイベント申し込み」として
メッセージ本文に以下の項目をご記入の上お申し込みください。
1. お名前
2. 参加人数
3. 電話番号
(ご予約後の無断キャンセルはご遠慮下さい。)
コンタクトフォームから送信できない場合は
上記と同じ項目をこちらのメールアドレスにお送りください。
inforeadan-deat.com
は@に置き換えてください。

「鉄犬へテロトピア文学賞」を受賞しました。
管さん、そして高山さん、選考委員のみなさん、ありがとうございました。
木村伊兵衛賞は逃しましたが、こんな温かい賞を頂けて本当に嬉しく思います。そして、僕も誰かに賞を送りたい気持ちでいっぱいになりました。小学生とそんなワークショップでもしようかなどと思う程、誰かに選ばれるうれしさを共有したい気持ちになりました。うれしい。
中村和恵さんの『日本語に生まれて』(岩波書店)も同時に受賞されました。おめでとうございます。
明日、沖縄から名古屋へかえります。
では


::::::::::::::::::::


私たちは「鉄犬ヘテロトピア文学賞」を創設しました。以下の精神を刻みこむ作品を選び、その作者の世界に対する態度を支持しようと考えています。それはまた、グローバル資本主義に蹂躙されるこの世界に別の光をあて、別の論理をもちこみ、異郷化する運動への呼びかけでもあります。

 ・小さな場所、はずれた地点を根拠として書かれた作品であること。
 ・場違いな人々に対する温かいまなざしをもつ作品であること。
 ・日本語に変わりゆく声を与える意志をもつ作品であること。

 第1回受賞作は、2013年1月1日から12月31日までに出版された書籍から選びます。
 ジャンル不問。日本語で書かれた文学作品、日本語の想像力に深く関わる作品を選びます。
 
【正賞】造形作家・木村勝一氏作の鉄犬燭台
【副賞】贈賞式パーティーご招待(ただし交通費なし)

 選考委員は以下の7名(50音順)。
小野正嗣、温又柔、木村友祐、管啓次郎、高山明、林立騎、山内明美


http://monpaysnatal.blogspot.jp/2014/06/blog-post.html?m=1

雑誌[美術の窓]に、国際交流基金の企画でカンボジアに行った話を『今後の交流のために』と題して寄稿しました。2014年7月号No.370。140ページ「視点」のコーナーです。

bijutsunomado.jpg

下道基行toriiについての記事。
『見えない境界を探る想像力』と題して影山裕樹さんが STUDIO VOICEに書いてくださいました!
是非読んでみてください。

http://studiovoice.jp/?p=45472

once_poster_high.jpg

韓国のグループ展に参加します。
I will participate in exhibition "Once is not enough" in Korea.


Once is not enough
日時:2014年5月16日-6月29日
場所:Audio Visual Pavilion (韓国ソウル)
参加作家:Minja Gu, Sora Kim, Yang Achi, Woosung Lee, Joungmin Yi, Jackson Hong, Hyun Ah Cho, Jae Hwan Joo, Shiu Jin, Jeamin Cha, Motoyuki Shitamichi
キュレーション:Haeju kim
http://audiovisualpavilion.org/


Once is not enough
16th May ~ 29th June 2014
Audio Visual Pavilion
opening: 16th May 2014, from 5pm
with Minja Gu, Sora Kim, Yang Achi, Woosung Lee, Joungmin Yi, Jackson Hong, Hyun Ah Cho, Jae Hwan Joo, Shiu Jin, Jeamin Cha, Motoyuki Shitamichi
Curated by Haeju kim
poster design: Hyungjae Kim, Eunjoo Hong

For more information in english
http://audiovisualpavilion.org/

flashart01.JPG flashart02.JPG flashart03.JPG

イタリアの老舗の芸術雑誌「Flash Art」に記事が掲載されました。執筆は広島市現代美術館/神谷幸江さん。
my art works were reported on magazine "Flash Art". text by Yukie Kamiya(HIroshima city museum of contemporary art). Thank you!


aaa01.JPG
aaa02.JPG

artasiapasificに記事が掲載されています。
Ashley Rawlings wrote text with my works for magazine "artasiapasific". Thank you.

大阪発のアートガイド「FLAG」に、梅香堂の写真と後々田さんのことの書きました。無料なので、街角でかがしてみてください。http://www.outofoffice.jp/

I wrote for art magazine [FLAG] with my photo. I wrote about gallery BAIKADO and this owner Mr. Gogota. You can fine it around Osaka.

flag02.jpg flag01.jpg


ワークショップ「撃つか撃たれるか」
作 家 名 下道基行
開 催 日 4/4(金)、5(土)
時  間 トーク(4日のみ)16:30-18:00 WS(5日のみ)10:30-15:00
地  域 ICHIHARA ART×MIX 五井〜里見
会  場 WS:五井駅集合、小湊鉄道、IAAES(旧里見小学校)
料  金 トーク(4日)無料 WS(5日)500円
定  員 トーク40名 WS10名
対  象 -
参加方法 申し込み:件名に参加希望日を明記の上、お名前・携帯番号・人数をメール homeroom.nakazaki@gmail.com

=内容=
山里の美しい春の風景を走る小湊鉄道は、写真&鉄道ファンの憧れ。カメラを持って小湊鉄道に乗り込み、写真を撮ってみよう。ただし被写体は、鉄道でも風景でもなく鉄道ファン!?視線の交錯に写真を体験せよ。

http://ichihara-artmix.jp/event/104.html

torii-cover-preview.jpgのサムネール画像

写真集[torii]
写真/文章/編集:下道基行
装丁:橋詰宗
発行:ミチラボラトリー
発行日:2013年12月6日
印刷・製本:株式会社山田写真製版所 
ISBN978-4-9907518-0-7 C0072
28cm×22.5cm74ページ
価格: 3000円


Photobook “torii”
Photograph/text/edit : Motoyuki Shitamichi
Book design : So Hashizume
Published in 2013 by Michi Laboratory
Photographs+text © 2013 by Motoyuki Shitamichi
Printed in Japan
ISBN978-4-9907518-0-7
First edition
・・・・・・・・・・

ようやく写真集になりました。
シリーズ「torii」、未発表も含む30点の写真とフィールドワークの記録を収めた集大成。

写真集の詳細や購入はこちらから
http://michilabo.thebase.in/items/295808



sunday_kawai.jpg

下道基行展 [ 日曜画家 ]
2013.10.11(金)-11.10(日)
10:00-18:00(日曜・最終日-16:00まで)会期中無休/入場無料
会場:Gallery Kart
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-14-5 河合塾美術研究所1F 0120-327-414
主催:Gallery Kart/河合塾美術研究所

flyer_omote-1.jpg fiyer_ura-1.jpg

[ 一年目の消息 語りかけることができる『君』]
つなぎ美術館(熊本)

 2013.9/7-
http://portal.kumamoto-net.ne.jp/town_tsunagi/base/pub/default.asp?c_id=50

熊本の小さな町津奈木を舞台に新作を制作しました!
クワクボリョウタさん、浅井裕介くんとのグループ展!!!
僕は[Dusk/Dawnー夕日の向こうにある町ー]という作品です。
贅沢な展示です、皆様是非!


毎週水曜日、中日新聞夕刊にて連載中!
『14歳と世界と境』は、愛知県内の中学生に特別授業を行い「身の回りの境界」について考えてもらい、
実際に授業内で中学生が書いた文章で、中日新聞にて小さな連載(全20回)を作ります。

14sai_1.jpg

少し説明。

中学生の頃、学校区を分けている川の向こう側が異国のように遠く感じた。
年齢を重ねていくと世界は拡大していく。その川もすぐに境界線ではなくなった。
目の前の世界には大小さまざまな境界線が消えていは生まれている。


かつて”尾張”と”三河”を分けていた「境川」、その両岸の中学校にて授業を実施。(そのことは授業では触れません)
新聞連載の記事には、毎回両岸の2人の中学生の言葉を選んで掲載します。(間に引かれた点線は川をイメージ)

川や海や壁や道や服装や…色々なものが、国やコミュニティや人々の気持ちや…色々なものを隔てています。
大人と子供の狭間のような14歳の世界観を通して、
もう一度自分たちの世界とそれを”隔てるもの”を見つめてみたいと思っています。

大阪にてグループ展に参加いたします。
芸術家の太田三郎さんの推薦です。

I going to participate in an exhibition held in Osaka ART COURT GALLERY.
Artist Saburo Ota nominate me for this exhibition. I appreciate.

::::::::::::::::::::::::::::::::::::

[Art Court Frontier 2013 #11]
2013年7月5日 [金] ー 8月3日[土]
開廊時間:11:00~19:00(土曜日、7/25[木]は ~17:00)
休廊日:日曜日・月曜日

http://www.artcourtgallery.com/acf_top.html

記事が掲載されています。
review by Ashley Rawlings
Please check it out! Thank you.

aap83.jpg

TWO DECADES OLD, TWENTY YEARS YOUNG
ALSO AVAILABLE IN:
An art magazine is a business, if viewed solely by the bottom line. But it also represents a community, a persona and, at its best, a stimulating presence in the lives of all who produce it and read it. These days, 20 years is still baby-faced for a human being, but considerably more wrinkled for a magazine, which must defy aging by a constant transfusion of talent, inspiration and support from our contributors, readers and advertisers. How then to celebrate this milestone?

http://artasiapacific.com/Magazine/83


Mori Art Museum 10th Anniversary Exhibition
OUT OF DOUBT: Roppongi Crossing 2013
SEPTEMBER 21, 2013 (FRI)– JANUARY 13, 2014 (Sun) MORI ART MUSEUM (53f, roppongi hills mori tower)


To celebrate the 10th anniversary of its inauguration, Mori Art Museum is pleased to present “OUT OF DOUBT: Roppongi Crossing 2013” from Saturday, September 21, 2013 to Monday, January 13, 2014.
Staged by the Mori Art Museum triennially since 2004, “Roppongi Crossing” is a series designed to offer a comprehensive survey of the Japanese contemporary art scene. For the 4th edition, and the first time in the series, 2 young guest curators from overseas have been invited to join the Mori Art Museum curator in co-organizing an exhibition that examines Japanese contemporary art today from a global perspective.
The title of the exhibition, “OUT OF DOUBT,” raises questions concerning the kind of productive debate we can generate from doubts cast over accepted notions and existing systems at a time when social awareness is high in the aftermath of the 2011 Great East Japan Earthquake. The exhibition will feature around 30 artists, focusing on those born from the 1970s through the 1980s, although in the interests of re-examining Japan historically, an attempt will also be made to cross generations and engage with artists who have been the driving forces behind Japanese post-war avant-garde art. And by not limiting the scope in a geographical sense to Japan, but rather actively broadening its horizons to include expatriate Japanese artists and artists of Japanese descent, the exhibition will also examine the cultural boundaries of Japan.
As well, in conjunction with the exhibition-related program “Discursive Platform,” we will cooperate with young groups and others, that are exploring new relationships between art and society in facilitating and making their “discussion” public via the “OUT OF DOUBT” exhibition.
10 years have passed since the inauguration of the Mori Art Museum. In a world that continues to change dramatically, we hope that this exhibition will not only throw into relief the current state of Japanese contemporary art but also provide the impetus for opening up new possibilities into the future.

Akasegawa Genpei
Akira Akira
Arai Takashi
Arakawa Ei+Minamikawa Shimon
Asakai Yoko
Chiba Masaya
Endo Ichiro
Simon Fujiwara
Iwata Sohei × Prominority
Izumi Taro
Kaneuji Teppei Kazama Sachiko Kobayashi Fumiko Koizumi Meiro Mitsuta Haruo
Mori Chihiro Nakahira Takuma Nakamura Hiroshi Nakamura Yuta Niwa Yoshinori Okumura Yuki
Ryui Koji
Sasamoto Aki Shitamichi Motoyuki Suga Kishio
Tajima Mika Takasaka Masato Yanagi Yukinori


六本木クロッシング2013
アウト・オブ・ダウト展−来たるべき風景のために
森美術館
2013年9月21日〜2014年1月13日

今年開館10周年を迎える六本木ヒルズの森美術館で、9月21日から2014年1月13日までの期間、「アウト・オブ・ダウト展−来たるべき風景のために(六本木クロッシング2013)」が開催される。

「六本木クロッシング」は、森美術館が日本のアートシーンを総覧する定点観測的な展覧会として2004年に開始、3年に一度開催されてきたシリーズ展。第4弾となる今回は、シリーズ初の試みとして、海外から若手キュレーター、ルーベン・キーハン(Reuben Keehan)とガブリエル・リッター(Gabriel Ritter)の2名を迎え、森美術館チーフキュレーター片岡真実との共同企画で開催される。

タイトル「アウト・オブ・ダウト」に込められたのは、東日本大震災以降、社会的な自覚や意識が高まっている日本において、社会通念や制度に向けられた疑念(ダウト)からどのような生産的な議論を生み出せるかという問題提起の姿勢。

参加アーティストは1970年から80年生まれを中心とした約30組。歴史的、政治的な視点から美術と社会の関係を見つめる柳幸典、小泉明郎、既存の価値観の転換に挑戦する赤瀬川原平らの作品を紹介したり、戦前の日本美術を牽引してきたアーティスト達の作品を併置したり、日本の古来の自然観やアニミズム信仰について再考したりすることで、日本の現代美術について多角的に検証する。また、海外在住や海外生まれの日系アーティストも紹介し、グローバルな美術の世界の中での日本の位置づけも探る。

参加アーティスト:赤瀬川原平、アキラ・アキラ、新井卓、荒川医+南川史門、朝海陽子、千葉正也、遠藤一郎、サイモン・フジワラ、岩田草平×プロマイノリティ、泉太郎、金氏徹平、風間サチコ、小林史子、小泉明郎、満田晴穂、森千裕、中平卓馬、中村宏、中村裕太、丹羽良徳、奥村雄樹、流井幸治、笹本晃、下道基行、菅 木志雄、田島美加、高坂正人、柳幸典


この度、岡山県新進美術家育成「I氏賞」にて大賞をいただきました。
この賞は、京セラ相談役の伊藤謙介さんが、若手芸術家の育成を使途として私財を岡山県に寄付して創設されたもの。
推薦者の方、関係者の方、伊藤さん、本当にありがとうございます。
認められたというより、後押しをもらった感謝の気持ちで一杯です。
今後とも自分なりに最善をつくし制作して行きますので、よろしくお願いいたします!

下道基行

rojo.jpg

広島市現代美術館で開催中の企画展『路上と観察をめぐる表現史』のカタログがフィルムアート社から販売されています。通常の展覧会カタログとは違い、展覧会参加作家の資料とともに、豪華な執筆家を加えて、書籍としてまとまっています。
執筆者:石川初, 内海慶一, 田中純, 中川理, 中谷礼仁, 南後由和, 福住廉, 松岡剛, みうらじゅん

The catalog of exhibition『Eyes on the street: Modernology and Beyond』 ( Hiroshima City Museum of Contemporary Art / Hiroshima) is so nice, because not only Artists but many writers join it. it looks like monograph of Watching street. please check it!
But only Japanese..

[amazon]


美術館にいろんな部室が生まれ、何度も入れて自分も何かをつくったりできる。そんな展示です。
メイキング・シチュエーションな感じです。。
僕は雪の道を参加者(部員)とともに撮影しながら春まで空間やグログを続けようと思います。
ブログはこちら
http://towadaartcenter.com/blog/choyaku/


::::::::::::

超訳 びじゅつの学校

2013年2月16日(土)− 4月14日(日)

droppedImage_4.png

開館時間= 9:00-17:00(入場は閉館の30分前まで)
休館日 = 月曜日(月曜が祝日の場合はその翌日。)
観覧料 = 企画展(超訳 びじゅつの学校フリーパスチケット)
      +常設展セット券=900円。
      (フリーパスチケットは会期中何度も使えます)
      企画展・常設展の個別料金は一般各500円。
      団体(20名以上)100円引き。
      高校生以下無料
主催  = 十和田市現代美術館
企画協力= 影山裕樹(OFFICE YUKI KAGEYAMA)
アートディレクション=加藤賢策(東京ピストル)
特設ブログ=http://towadaartcenter.com/blog/choyaku/

この冬、十和田市現代美術館では、青森・十和田にゆかりのある素材や環境を利用しながら、「再入場自由・誰でも発表が可能」という仕組みを大胆に採りいれた、これまでにない「びじゅつ」の学校をスタートします。
フリーパスチケットを購入してこの学校に入学すると、会場内に設置されたオープンスタジオを自由に使えるとともに、興味のある「部活動」にいくつでも参加することができます。また、多方面で活躍する作家を「部長」として招聘し、従来の「美術」の枠組みにとらわれない様々な活動を展開します。「部長」や「部員」がつくった作品は会期中を通して展示され、増殖していきます。
空間構成は、十和田市内を活動の拠点にしている架空の人物、藤森八十郎(風景編集者)が担当。「超訳 びじゅつの学校」の「校長」として、日々部員たちの活動の様子をブログで紹介したり、会場の風景に手を入れていきます。
ここで生まれた部活は、その後十和田市内の様々な場所へと広がっていきます。美術館を触媒としながら、まちへと広がり、人をつなげる「超訳 びじゅつの学校」。展示を見に来る「目撃者」となるか、はたまたどっぷりと巻き込まれ「当事者」となるかは、訪れたあなた次第です。

《校則》
一、 誰でも500円で入学可能。展示を見るだけでもOK
一、 美術館が部室になる! 会期中何度でも訪れよう
一、 自分がつくった作品が展示される!?

《主な部活》

胸にしまっていた
物語を語ってみよう。
ものがたり部 
部長:戌井昭人

クローゼットは
宝の山だと考えよう。
被服部 
部長:山下陽光

下を見て歩こう。
写真を撮ってみよう。
観察部 
部長:下道基行

素材に向き合い、
手を動かしてみよう。
花かざり部 
部長:藤森八十郎

樹木を知ろう。
樹木部 
部長:山本修路

常識を超えてみよう。
わら部 
部長 中利


青い森の小さな美術部
部長:奈良美智


路上と観察をめぐる表現史—考現学以後

広島市現代美術館

2013年1月26日(土)〜4月7日(日)

rojo.jpg

時代の移ろいと都市の眺め。
観察の名手たちと、「つくり手知らず」による、
路上のマスターピース。

民家の研究者・建築家であった今和次郎(1888〜1973)は1920年代なかば、後に舞台美術家として活躍する吉田謙吉(1897〜1982)らとともに、東京の街と人々の風俗に注目し、路上における人々の生活、風俗の現状を様々な角度から調査考察する研究を始め、「考現学」と名付けました。それは、1923年の関東大震災をきっかけに人々の生活、創造を見つめ直し、作品として特別視されることのなかった、市井の創造力に注目する新たな視点の獲得と捉えることができます。その後、1986年に結成された赤瀬川原平(1937〜)、藤森照信(1946〜)らによる路上観察学会をはじめ、美術や建築など様々な分野で路上の事物を観察し、記録する多彩な活動が展開されてきました。

本展覧会は、戦前から現代にかけて観察者たちが路上に見出した創作物をあらためて紹介するとともに、様々なアプローチを通して観察/発見という行為が表現として成立する様子に注目します。観察する者と観察される物(者)の双方が、ともに表現とは何か、という重大な問いかけを投げかける、芸術の在り方について考察する展覧会です。

出品作家・グループ

今和次郎、吉田謙吉、木村荘八、岡本太郎、コンペイトウ、
遺留品研究所、赤瀬川原平、トマソン観測センター、林丈二、
一木努、路上観察学会、大竹伸朗、都築響一、アトリエ・ワン、
ログズギャラリー、下道基行 ほか


:::::::::::::::::::::


関連プログラム

● 2013年1月27日(日)14:00〜16:00

路上観察学会 トークショー

路上観察学会メンバーである藤森照信氏、林丈二氏、南伸坊氏、松田哲夫氏がスライドトークを行います。
会場:ミュージアムスタジオ
定員:130名(開催当日10:00より受付にて整理券を配布します)
※要展覧会チケット(半券可)、開場時間13:30

● 2013年2月10日(日)10:30〜16:00

下道基行 ワークショップ「見えない風景」

街中を歩いて観察し、人々の生活の痕跡を目印とした“言葉の地図”を作ります。完成した地図を参加者同士で交換し、実際に歩いてみます。
講師:下道基行
対象:中学生以上
定員:15名
※参加無料、要事前申込
※終了時間は予定、昼食は各自で持参いただきます

往復はがきまたはeメールで、参加者全員の氏名、年齢、代表者の住所、電話番号を明記の上、下記宛先まで送付してください。2月1日(金)必着
*1通につき2名まで応募可
*応募者多数の場合は抽選となります
宛先:〒732-0815 広島市南区比治山公園1-1
広島市現代美術館「下道基行ワークショップ」係
eメール:hcmca@hcmca.cf.city.hiroshima.jp

● 2013年2月16日(土)14:00〜15:30

大竹伸朗×都築響一 対談

会場:ミュージアムスタジオ
定員:130名(開催当日10:00より受付にて整理券を配布します)
※要展覧会チケット(半券可)、開場時間13:30

● 2013年3月30日(土)14:00〜15:30

アトリエ・ワン 講演会

会場:ミュージアムスタジオ
定員:130名(開催当日10:00より受付にて整理券を配布します)
※要展覧会チケット(半券可)、開場時間13:30

● 2013年4月7日(日)14:00〜15:30

ログズギャラリー「農民車」試走会

ログズギャラリーによる本展覧会出品作《農民車》の試走会を行います。
会場:サービスヤード
※参加無料、申込不要

● 2013年1月26日(土)、3月2日(土)いずれも14:00〜15:00

学芸員によるギャラリー・トーク

担当学芸員が展示室を回りながら作品の解説をします。
※要展覧会チケット、申込不要

● 無料配布

キッズガイド

作品を見るヒントがたくさん詰まった子ども向け鑑賞ガイドを無料配布しています。いろいろな質問に答えたり、考えたり、友だちや家族と話しながら、展覧会をまわってみましょう。

「MOTアニュアル2012」のオープニングトークです。
松山千春的マイクとキングカズ的マフラーへの質問は受け付けておりません。


[ARTFORUM]
gwangju Biennale 2012

http://artforum.com/inprint/issue=201210&id=37483

Thank you very much, pauline J. Yao.


ピクチャ 1.png





[路上と観察をめぐる表現史—考現学以後]
広島市現代美術館
(広島)

 2013.1/26- 20013. 4/7

http://www.hiroshima-moca.jp/main/special_exhibition.html

今和次郎(1888〜1973)らが始めた「考現学」とは、東京の街と人々の風俗に注目し、人々の生活、風俗の現状を様々な角度から調査考察するユニークな研究でした。その後、1986年に結成された路上観察学会をはじめ、路上の事物を観察することで、人々の生活、創造を見つめ直し、市井の創造力に注目する活動が様々な分野で展開されています。彼ら観察者が路上に見出した創作物をあらためて紹介するとともに、様々なアプローチを通して観察/発見という行為が表現として成立する様子を検証する展覧会。

出品作家・グループ

今和次郎、吉田謙吉、岡本太郎、コンペイトウ、遺留品研究所、トマソン観測センター、路上観察学会、都築響一、大竹伸朗、アトリエ・ワン、ログズギャラリー、下道基行ほか




”Eyes on the street: Modernology and Beyond”
HIroshima city Museum of Contemporary
January 26-April 7, 2013

‘Modernology’, a school of thought founded by Wajiro Kon (1888–1973) and others, was a unique study consisting of the research and contemplation of the city of Tokyo and the lifestyles and manners of its citizens from various perspectives. In later years, the practice of reexamining the lifestyles and creations of the people and focusing on the layperson’s creative faculty has developed in a multitude of fields, such as the Rojo Kansatsu Gakkai, formed in 1986. This exhibition introduces the creations that such observers found in the streets, and examines how the act of observing/discovering can become a mode of expression in itself through many different approaches.





・・・・・・・・・・・


[あいちトリエンナーレ2013] (愛知)

 2013.8/10- 10/27

http://aichitriennale.jp/

揺れる大地 ― われわれはどこに立っているのか : 場所、記憶、そして復活




"Aichi triennale 2013"

August 10th-Octver 27th

http://aichitriennale.jp/

Awakening
― Where Are We Standing? ― Earth, Memory and Resurrection



・・・・・・・・・・・


「MOTアニュアル2012」の全作家のインタビューがCINRA NETに掲載されています。(文:内田伸一さん)

http://www.cinra.net/column/motannual2012.php?page=2


NEWSWEEK(米)のWEBにシリーズ「torii」が紹介されています。

http://picturedept.tumblr.com/post/36142768354/motoyuki-shitamichi-torii-torii-are-a-symbol-of

美術手帖に「光州ビエンナーレ2012」についてのレビューと写真が密かに掲載されています。(文:角奈緒子さん)

http://www.amazon.co.jp/美術手帖-2012年-11月号-美術手帖編集部/dp/B009HLIXMU




[torii]

[MOTアニュアル]東京都現代美術館(東京)

 2012.10/27- 20013. 2/3

http://www.mot-art-museum.jp/

"MOT Annual 2012"
Museum of Contemporary Art Tokyo

October 27th- 2013 Feb 3th

http://www.mot-art-museum.jp/


・・・・・・・・・・・


[つなぐ/connect]

[岡山芸術回廊] 岡山後楽園(岡山)

 2012.11/3- 12/3

http://okayama-kairo.jp/

"Okayama Art Corridor"
Okayama Korakuen Garden

November 3th-December 2th

http://okayama-kairo.jp/


・・・・・・・・・・・


[つなぐもの/connection]

[未定] ART BASE(広島/百島)

 2012.11/3-

http://hiroshimaapomp.blogspot.jp/

"-"
ART BASE momoshima

November 3th-

http://hiroshimaapomp.blogspot.jp/


・・・・・・・・・・・


[境界のかたち]

[水と土の芸術祭2012](新潟)

 2012.7/14- 12/24

http://www.mizu-tsuchi.jp/

[form of border]
"Water and Land -Niigata Art Festival"
July 14th- December 24th

http://www.mizu-tsuchi.jp/


・・・・・・・・・・・


ワークショップ[見えない風景]
新潟市内

 2012

新潟市立中央図書館にワークショップのアーカイブブックが収蔵されています。
workshop "An invisible Landscape"
Tohoku University of Art&Design, NIigata city, one island...
2012


・・・・・・・・・・・


光州ビエンナーレ2012で、NOON芸術賞 新人賞を受賞しました。
ありがとうございました!

I won Noon Award (emerging artist) In Gwangju Biennale 2012.
I greatly appreciate many kindness!
Thank you very much!


(光南日報 9月6日インターネット版より抜粋)

NOON芸術賞
ムン・ギョンウォン、チョン・ジュンホ/韓国
「EL FIN DEL MUNDO」(2012)

新人賞
下道基行/日本
「torii」(2006-2012)、「bridge」(2011)

栄誉賞
アブラハム・クルズヴィレガス(Abraham Cruzvillegas)/メキシコ
「アトリエ自動建築:非効率的 思索家のワークショップ:映画館の裏の無料相談所」
(Atelier Autoconstruccion : The Inefficient Tinkerer's Workshop: Free Advice Behind Cinema)


「EL FIN DEL MUNDO」は、俳優イ?ジョンジェとイム?スジョンが出演する作品で、急激な気候変動により変わってしまった未来の環境下で生き残った生存者に関するストーリー。
作品は100年後の世界の姿を想像し、その姿を通じて現在を反省して問い直す。
マッシミリアーノ・ジオーニ(2010光州ビエンナーレ総監督、2013ベニスビエンナーレ総監督)をはじめとする5人の審査委員らは「『EL FIN DEL MUNDO』で作家たちは我々の時代の不思議な作品を創造しながら、同時に混乱しつつ魅惑的な未来的宇宙を構築する」と評した。
新人賞は「torii」、「bridge」を創作した下道基行に与えられた。
「bridge」の連作は、昨年3月に日本で起きた大地震をきっかけに
作家が直接日本全国を旅しながら発見した286個の小さな橋を連続して写真で提示する。
道端の灌漑用水路の上に小さな板を置いて作られた橋は、便宜のために2ヶ所を結ぶ、匿名の住民が大切に保管した??素朴な夢と欲望の記録である。

今回の審査で、審査委員たちは「栄誉賞」を授賞することに決定した。
栄誉賞は光州映画館の社宅で「アトリエ自動建築:非効率的 思索家のワークショップ:映画館の裏の無料相談所」という作業を進行したアブラハム・クルズヴィレガスが選ばれた。

今回の光州ビエンナーレ2012「NOON芸術賞」の審査はマッシミリアーノ・ジオーニ、インスタレーション美術家チェ・ジョンファ(???) 、ニューヨークグッゲンハイム美術館のチーフキュレーターアレクサンドラ?モンロー(Arexandra Munroe)、フランスボザール大学のディーパック・アナンス(Deepak Ananth、北京の中央美術学院のワン・フォアンセンが担当した。

NOON芸術賞は、光州ビエンナーレの創立精神・志向価値と向き合いながら、テーマに合致し、創意的で実験精神が優れた作品を出品した作家に贈られる賞である。


広島市現代美術館で開催されていたグループ展「この素晴らしき世界」のレビューを木村絵理子さんが書いてくださいました。ありがとうございます。是非ご覧ください〜。

201207.png

美術手帖 2012年 07月号

もうすぐ発売の『秘密基地の作り方』という書籍にRe-Fortを踏まえた感じで文章を書いています。
この本のコンセプトは秘密基地を扱いながら”子供向けのHOW TOを装いながら、大人が読んでもわくわくする本”。
みなさん是非〜。


I wrote a composition about "Try to use Remnants" for the book "How to make hideout".
This book is about hideout for not only kids but adult.
only japanese...


::::::::::::::::::::

『秘密基地の作り方』

himitsuobi1-347x494.jpg

(尾方孝弘 著、飛鳥新社刊、2012年)

主な目次:

実践篇1 場所を見つける
あなたにぴったりな秘密基地の場所はどこでしょう?
▪ 部屋のスキマ
▪ 建物のスキマ
▪ 都市のスキマ
▪ 自然のスキマ
▪ 廃墟、空地
>コラム� ─ プレーパークという場所─

実践篇2 秘密基地を作る
[1]イメージをふくらませよう
[2]材料を見つけよう
[3]秘密基地を作ろう
>コラム� ─ 建築家が秘密基地の設計図を描いたら─

実践篇3 秘密基地で遊ぶ
[1]秘密基地の中で遊ぶ〜マンガ、携帯ゲーム、お菓子、トランプなど
[2]そこにある素材で遊ぶ〜毒水、泥団子、たき火など
[3]めいっぱい活動的な遊び〜魚釣り、けいどろ、落とし穴など
[4]カモフラージュする〜合言葉、覗き穴、壁や屋根など
[5]思い出に残そう〜タイムカプセル、カメラ、落書き帳など

応用篇 大人のつくる秘密基地
[1]現代建築に見る秘密基地的なもの 文=五十嵐太郎
[2]廃墟を使って秘密基地をつくってみる 文=下道基行
[3]視点を変化させることで創造する 文=坂口恭平
[4]空いている場所に住む 文=小川てつオ
[5]物語の中の秘密基地 文=編集部
>コラム� ─ 秘密基地ワークショップを企画する ─


イラスト:のりたけ
デザイン:スープ・デザイン
http://www.asukashinsha.co.jp/book/b101494.html

0909.jpg

トークイベントに参加します。
I participate talk event at Asakusa.


:::::::::::::::::

「何に着目すべきか?」

"Approaches to What?"


フランスの社会学者で著述家であるジョルジュ・ペレックの言葉に導かれながら、本をめぐる対話の場を設計した前回の『何に着目すべきか?』。アサヒ・アートスクエアで行なう第二回のテーマは、「価値の再発見 / LOST & FOUND」。現在さまざまなジャンルで、個人的でありつつも、大きな視点を併せもちながら、書籍や音源のアーカイブを目的とした復刻、復刊や、歴史的な言葉の引用などの動きがみられます。いまは失われてしまったもの。あるいは、一般的には忘れられつつあるもの。それらの再発見や、それがもつ価値へ愛ある新たな視点からの光を照射すること。今回の『何に着目すべきか?』は、そんな忘れ去られた言語・知識・音楽・概念・レシピ・道具といったものに着目し、その新しい意味を模索する機会にしたいと考えています。
会場では各出演者のトークをお聞きいたただきながら会場内で販売されているアルコール類・ソフトドリンク類やお食事をご自由にお楽しみいただけます。また会場もオープンな構成にしており、入退場も自由です。どうぞお気軽にお越しください。

■日時 2012年4月21日(土曜日)午後3時~午後9時
※終了時間は当日の進行により若干変動することがございます。ご了承ください。

■会場 アサヒ・アートスクエア

■入場無料(予約不要、定員なし)
※会場内でのご飲食、有料の商品やサービスにつきましては別途料金がかかります。

■出演
第1部:15:00-17:30(予定)
白井宏昌(建築家) /NOMAZON(仮想ブックショップ) /柴田隆寛(編集者) /室賀清徳(アイデア編集長)/ミヤギフトシ(アーティスト)
第2部:18:00-20:30(予定)
奥村雄樹(アーティスト)/加藤賢策(デザイナー)/森大志郎(デザイナー)/上崎千(批評家)/富井大裕(アーティスト)/水野大二郎(批評家)/下道基行(アーティスト)

"What's really going on, what we're experiencing, the rest, all the rest, where is it? How should we take account of question, describe what happens every day and recurs every day: the banal, the quotidian, the obvious, the common, the ordinary, the infra-ordinary, the background noise, the habitual?"
- Georges Perec, Approaches to What? (1973)
For this event "Approaches to What?", we will produce a collectively built library in the art institution, Asahi Art Square and transform the institution into temporary emancipated space that aims to be something in-between school, kitchen and library. While reading a book from the collective library, you will sit around a table and talk together with guests and other participants. This dialogical practice is an exercise to alter the relationship between artist/spectator, teacher/student, author/reader, seller/buyer and host/guest.
Date: 3 September 2011 (Saturday)
Place: Asashi Art Square, at Asakusa, Tokyo
Access: http://asahiartsquare.org/?page_id=14
Opening Time: 13:00-21:00
Entrance fee: Free
Guests:
Kensaku Kato (Designer), Ayumu Saito (Editor), Daijiro Ohara (Designer), Hiroshi Eguchi (Utrecht), Satoru Ito (Architect), Ayako Osanai (Designer / Curator), Mitsuru Koga (Artist), Yasuhiro Fukubayashi (Librarian), Koichi Yanagimoto (Community Director), Yoshiyuki Morioka (Morioka Shoten), Akihiro Nishizawa (Branding desinger), Akihiro Kumagaya (Designer), Kunio Nakamura (6 Jigen), Tomoki Imai (Photographer), Takeshi Yamagishi (Photographer), affice (Curator), assistant (Architect), Shigeyuki Ujihara (Kawaguchi Media Seven), Futoshi Miyagi (Artist), Katsutoshi Yuasa (Artist), Masato Takahashi (Architect), Kazuto Kobayashi (Roundabout/Outbound), Makoto Tanijiri (Architect), BOOKLET (Press & Library), ET AL., ETC. (Strategies)
Contributors:
Kiyonori Muroga (IDEA), Motoyuki Shitamichi (Artist), Yo Ooe(Bioclothical Labo)Daijiro Mizuno (Fashion researcher), Kozo Kadowaki (Architect), Hiroko Myokan (Curator), Yasuo Totsuka (Designer), Lucas B.B. (Editor), Erika Kobayashi (Illustrator, Manga artist, Novelist), Nakako Hayashi (Editor), Jitsuko Takei (PAPIER LABO.), Yuu Takehisa (Curator), Hiroyuki Hattori (Curator), Fumio Inoue (CAMP), Daishiro Mori (Designer) / Takahiro Shibata (Editor)


hirosima .jpg

[この素晴らしき世界:アジアの現代美術から見る世界の今]

2012年3月24日(土)〜5月13日(日)
広島市現代美術館

この世界はいったいどこへ向かおうとしているのか
7名のアジア出身アーティストが描きだす、"私たちの素晴らしき世界“

アジア諸国の昨今の急激な経済成長は、世界がいまだかつて経験したことのないほど多様な変化をもたらしています。再開発、高層ビルや新築物件の建築ラッシュ、市場の活性化に伴う海外資本の流入によって街の姿は一変し、人々の繁栄の証ともいえる華麗なる都市の変化を謳歌しながら、一方ではその影に潜む諸現象――古き良き時代の光景の喪失、自国文化衰退の危機、経済格差が生み出す貧富の差の拡大、そして環境破壊にも気づいています。また、未曾有の経済的発展が引き起こす世界のパワーバランスの変化により、民族やジェンダーへの関心が高まり、過去や歴史に対する認識の違いや領土をめぐる争いも表面化しています。

私たちのこの世界はいったいどこへ向かおうとしているのか。今一度この問いと向き合い、未来の世界のあり方を考えようという試みである本展は、変動を続けるアジアを出自とし、世界で活躍する7名の作家を取り上げ、ユーモラスでウィットに富んだそれぞれの「世界」の表象を紹介します。現実だけでなく理想をも表象した作品は、希望に満ちた素晴らしき世界へ向かうヒントを与えてくれるでしょう。

出品作家

Shilpa Gupta/シルパ・グプタ:1976年生まれ、インド
Kuo I-Chen/郭奕臣(グォ・イツェン):1979年生まれ、台湾
Michael Lee/マイケル・リー:1972年生まれ、シンガポール
Motoyuki Shitamichi/下道基行:1978年生まれ、日本
Tintin Wulia/ティンティン・ウリア:1972年生まれ、インドネシア
Jun Yang/ジュン・ヤン:1975年生まれ、中国
Chu Yun/储云(ツゥ・イュン):1977年生まれ、中国

http://www.hcmca.cf.city.hiroshima.jp/web/main/www.html

What a Wonderful World: Visions in contemporary Asian art of our world today
March 24-May 13, 2012
HIROSHIMA CITY MUSEUM OF CONTEMPORARY ART


The Wonderful World According to Seven Artists From Asia

The rapid economic growth that has occurred in Asia in recent years has brought about a variety of changes the like of which the world has never seen. Due to a surge in new construction, including redevelopment projects and high-rise buildings, and an influx of foreign capital that accompanied market activation, many Asian cities have undergone drastic changes. While extolling these magnificent cityscapes as tangible proof of the region's newfound prosperity, people have also become aware of a variety of problems lurking in the shadows, including the disappearance of attractive landscapes from bygone eras, the threat to national culture, the widening disparity between rich and poor, and the destruction of the natural environment. In addition, the shift in the balance of global power that has arisen from unprecedented economic growth has triggered a greater interest in ethnic and gender-related issues, and highlighted disparate views of history and territorial conflicts.

Where exactly is the world headed? In this exhibition, which aims to address this question and consider what lies ahead of us, we present the work of seven internationally-active artists who have each developed a distinctive view of the "world" that is infused with humor and wit. Their work, which not only reflects reality but also idealism, provides us with a key to a world that is filled with hope and wonder.

Artists

Shilpa Gupta (Born in India in 1976)
Kuo I-Chen (Born in Taiwan in 1979)
Michael Lee (Born in Singapore in 1972)
Motoyuki Shitamichi (Born in Japan in 1978)
Tintin Wulia (Born in Indonesia in 1972)
Jun Yang (Born in China in 1975)
Chu Yun (Born in China in 1977)

http://www.hcmca.cf.city.hiroshima.jp/web/main_e/www.html

昨年12月より、大雪の青森の国際芸術センター青森で滞在制作を行っています。
青森出身の今和次郎の展示が青森県立美術館、そして東京でも開催されていますが、
今回僕が参加するグループ展『再考現学』は、「考現学」的視点を持つ若手アーティストが選ばれ、青森で滞在制作を行ったグループ展になっています。
僕は、大雪の青森市内をとにかく歩き、”道のようなもの”を撮影した新作『crossover』。さらに、昨年7月にαM galleryで制作した用水路に架けられた”橋のようなもの”『bridge』と、10月にベトナムハノイで制作した『connect』、この震災後にスタートさせた3つのシリーズが繋がり、人々が生活の中で生み出す『行為のかたち』をテーマに展示します。
静かな雪に閉ざされた国際芸術センター青森へ、ゆっくりした時間を過ごしに、是非お越し下さい。

I participate in group exhibition "Re-Modernologio".
This place Aomori is big snow this year.
This museum/Residence is at big snow mountain, and so quiet.
I walk around and took photos about snow roads "crossover".
please come here, and spend good slow time with our works!

crossover01.jpg


「再考現学 / Re-Modernologio」
 phase3 : 痕跡の風景
国際芸術センター青森
 2012年2月18日(土)~ 3月25日(日)
 10:00 am - 6:00 pm 入場無料/無休

■参加アーティスト
佐々木愛(シュガーペインティング・ドローイング)
下道基行(写真・インスタレーション)
アマンダ・ベランタラ(サウンドアート)
ジュー・チュンリン(アニメーション)

acac01.jpg

"アーティストの活動を媒介に、人間の生の痕跡を風景の中に見出す。"

今年度国際芸術センター青森では、青森県出身の考現学者、今和次郎が提唱した「考現学」を年間を通じたキーワードとし、考現学的態度や視点をもつアーティストの活動を「再考現学」展として、ご紹介する展覧会を開催してきました。第3回目となる本展、「再考現学 phase 3:痕跡の風景」では、考現学を都市の中で人間の生活の痕跡を見つけ、観察し、記述することと捉えました。しかし当然のことながらこうして見つけたモノたちの消化の仕方、提示の仕方は、考現学者のそれとアーティストでは異なると思います。

再考現学的視点で世界を観察するということ、それは街の中にあるいは風景の中にある種の新鮮さを見つけることであり、そこには現代に対する鋭い視線、そして人間の活動についての深い関心があるということはいうまでもありません。それは着目した「何か」を媒介に今そこにある現実の実感のようなものを確かめることでもあるかもしれません。

一方着目された「何か」は、取り上げられることで別の何かを示唆し、別の現実を提示しうる可能性を持つでしょう。アーティストの場合、彼らはその着目した何かを作品としてもともとある文脈からずらした場所と仕方で提示することで、社会あるいは現実の見方を変化させる可能性を持ちうるといえるのではないでしょうか。そしてそれこそが単なる風景が人間の根源的かつ、やむことなく続き、抑えがたい欲望としての創造の起点となりえた事実、そしてそれを人間だけが昇華させえた「芸術」という形へと続く道筋の始まりのようなものであるのかもしれません。
本展で、アーティストが風景の中から見つけた人間の痕跡を、アーティストの活動を媒介に、再び作品として現れたものが提示されるでしょう。
また同時開催として現在の青森での生活がベースとなっている方の写真作品による展覧会「ヴィジョン・オブ・アオモリ」を開催します。雪深いACACでの最後の「再考現学」展をお楽しみください。

※「考現学」とは:青森県出身の建築家今和次郎(1888-1973)が提唱した学問。現代の社会現象を場所・時間を定めて一斉に調査・研究し、世相や風俗を分析・解説しようとする学問。ドローイングを用いたフィールドワークを特徴とし、のちの生活学や風俗研究の先鞭となった。


"Re-Modernologio" phase3: Traces of Landscape
Aomori Comtemporary Art Centre
Exhibition : 18 February, Sat. - 25 March, Sun, 2012
Open hour : 10am - 6pm
Admission : Free

Artist :
SASAKI Ai (drawing, painting / Osaka, Japan)
SHITAMICHI Motoyuki (photo / Okayama, Japan)
Amanda BELANTARA (sound art / USA)
JOO Choon Lin (animation, installation / Singapore)


2012年度の予定です。
お近くにお寄りの際はご覧ください。
遠くても興味のある方は是非。



■『第五回I氏賞』

岡山天神山文化プラザ

2012年1月24日〜2月5日

岡山ゆかりの若手作家を支援するプログラムに参加します。
この展示は2次選考のための公開審査の展示です。
『(torii)』シリーズを数点出品する予定です。



■「再考現学 / Re-Modernologio」
  phase3 : 痕跡の風景

国際芸術センター青森

2012年2月18日(土)~ 3月25日(日)
10:00 am - 6:00 pm 入場無料/無休

「考現学」的視線で捉える人間の痕跡。
第3弾となる本展、「再考現学 phase 3:痕跡の風景」では、考現学を都市の 中で人間の生活の痕跡を見つけ、観察し、記述することと捉えました。アーテ ィストが風景の中から見つけた人間の痕跡を、アーティストの活動を媒介に、 作品として再び現れたものは、一体どのようなものになるのでしょうか。

佐々木愛(ドローイング、シュガーペインティング/大阪)
下道基行(写真/インスタレーション/岡山)
アマンダ・ベランタラ(サウンドアート/アメリカ)
ジュー・チュンリン(アニメーション/シンガポール)



■『この素晴らしい世界ーアジアの現代美術から見る世界の今』

広島市現代美術館

2012年3月24日(土)~5月13日(日)

近年めまぐるしい経済発展を遂げ、世界中の注目を集めるいわゆる新興国では、社会の発展がもたらした華やかな変貌が強調される一方で、急激な変化による様々な問題が露にもなってきています。「発展」を通して、社会が新しく得たものと失ったものとはなにか。激動の諸国をベースとして活躍するアーティストを中心に、映像、写真、インスタレーション等、様々なジャンルの作品を紹介し、アートを通じて私たちが暮らすこの素晴らしき世界と向き合います。



■『水と土の芸術祭2012』

新潟市内

2012年7月14日(土)~12月24日(月)

http://www.mizu-tsuchi.jp/topics/2011/12/post-25.html


vn.jpg

Emerging Artist Series 02:

NOWHERE


Motoyuki Shitamichi
Mamoru
Tuan Mami


Opening: Fri 28 Oct, 6 pm
Exhibition: 29 Oct – 20 Nov 2011, 9.30 am – 6 pm
Japan Foundation Center for Cultural Exchange in Vietnam

Artist’s Talk: Fri 04 Nov 2011, 7 – 8.30 pm
Nhasan Studio


気がつかずに通り過ぎてゆく
ただ、いまここにあるもの


We pass by without knowing it,
and yet, there it is.

::::::::::::::::


Motoyuki Shitamichi

Born in 1978, works and lives in Tokyo, Japan
BA in Fine Art (Oil Painting), Musashino Art University, Japan
After his graduation, he researched and travelled all over Japan, and he photographed the series of landscapes with abandened buildings of war are. The original functions of those remains were lost after 60 years passed after war, however people have customized the buildings and facilities into house, flower gardens, zoo and so on. The works are published as a collection of photography Bunkers, little more, 2005. The other projects include “Sunday Painter” (2005-2010), in which he visits the owners of the hobby-like paintings drawn by his grandfather, and “A Concealed Landscape” (2010/the national museum of art, Osaka), in which he conducts a workshop to draw a map with letters, discovering tiny and small landmarks at street corners. His intention is to visualize unseen memories and values in rapidly changing landscapes through research and fieldwork may be originated in his childhood dream to be an archeologist. His works were exhibited in various places; “Fantomes” (2008/espase japon, Paris), “Torii” (2008/Puffin Room, N.Y.), “Sunday Painter” (2010 /Contemporary Art Center, Ibaraki), “Dusk/Dawn” (2011/Nap Gallery, Tokyo). Artist-in-residence programs in: Cite International des Arts (2007-2008/ Paris), Tokyo wonder site Aoyama (2010-2011/ Tokyo), Aomori Contemporary Art Center(2011-2012/ Aomori)

[connection]

Things, put on streets to cross the gaps. A wooden chip or a stone turns into something like a “bridge” when it is put there. I imagine that, in Hanoi, the people go back home by bike, crossing over these connections.
We live, being receptive to rapidly changing and growing cities and landscapes. I think, these “bridges” are the smallest unit of necessary things and one of the smallest deeds in such landscapes at hand.
As historically and worldly precious treasures are exhibited in museums, traces of the ordinary life in our neighborhood are lined up in my exhibition.
A photographer visualizes this existing world once again in his framework. I believe that it creates and produces another perspective at unknown, non-monumental street corners. This is how I want to relate myself to this world directly.


:::::::::::::::

グループ展
[lining in an Out-of-Place]
@鳳甲美術館
2011. 9/24-10/23

[artist]
Anchi Cheng (台湾)
Chyun-Yang Wen (台湾)
Aki Yahata (日本)
Motoyuki Shitamichi (日本)

[curator]
Zoe Yeh

:::::::::::::::::::


台北での若手アーティストのグループ展に参加します。
[torii]シリーズを出品予定。台湾に来られる際は是非。

鳳甲美術館
台北市北投區大業路260號5樓
北投は台北から地下鉄やバスで30分くらいで行ける温泉地。

[成層圏/風景の再起動]

下道基行
[bridge]

2011年7月9日(土)~8月13日(土)
12:00~17:00 日月祝休 入場無料
アーティストトーク 8月13日(土)15時~16時

※開廊時間がこれまでと変更になりますのでご注意ください。
初日にアーティストトークとオープニングパーティーはございません。

協賛:キヤノン株式会社

ギャラリーαM
東京都千代田区東神田1-2-11アガタ竹澤ビルB1F

http://www.musabi.ac.jp/gallery/
http://www.musabi.ac.jp/gallery/2011-3.html


bridge128-w.jpg

TWS 渋谷での展示もあと一週間を切りました。
6月25日15時〜17時に、TWS 渋谷にて、トークイベントを行います。
さらに、会場で下道企画のインタビュー集を配布致します。

インタビュー冊子
[traveling] 2011年4月

mamoru
田村友一郎
亀井佑子
下道基行(聞き手)


レジデンスTWS 青山に1年間、滞在し生活をともにした4人のアーティスト。
滞在が終了する今年の4月、下道基行は一人一人にインタビューを行った。
”今だから聞きたい/聞ける事”、”なぜモノを作るのか?”など。
今回6月25日、TWS渋谷で行われるトークイベントにて、
インタビューをまとめた冊子を配布致します。是非お越し下さいませ。

協力:TWS


::::::::::::::::::::::


トークにゲスト出演す。
狩野君の素敵な本の発売イベントにゲストで参加、”移動と編集”について話します。
下道も、昨年水戸芸術館での展示中に販売され完売していた、自作写真集『日曜画家/sunday painter』を何冊かつくり販売します。
是非お越し下さい。

■狩野哲郎『New Plants by Tetsuro Kano』 発行記念アーティストトーク
出 演:狩野哲郎(アーティスト)
ゲスト:下道基行(アーティスト)
日 時:2011年6月26日[日] 17:00ー19:00
会 場:NADiff a/p/a/r/t 店内
入場無料(予約不要)※30名様以降は立見となりますのでご了承ください。

恵比寿NADiff店内にて、waitingroomにて開催中の個展の関連イベントとしてトークをさせていただきます。 
無料のイベントとなっておりますので、よろしければぜひお立ち寄りください。
※個展会場とトーク会場は別会場となっております(徒歩約10分)。 またイベント開催当日はwaitingroomの休廊日となっておりますが、トーク終了後19:30ー21:00までの間展示をご覧いただけます。

tokyo wander site 主催で行われているグループ展[TOKYO STORY 2010]に参加してます。
会場はTWS 渋谷です。是非ご覧ください。

http://www.tokyo-ws.org/shibuya/index.html

会 期:2011年4月28日 〜2011年6月26日
休館日:5/2・9・16・23・30、6/6・13・20
時 間:11:00-19:00
入場料:無料
主 催:公益財団法人東京都歴史文化財団トーキョーワンダーサイト
会 場:トーキョーワンダーサイト渋谷
アーティスト:mamoru、カーステン・ニコライ、下道基行、田村友一郎、アンサンブル・モデルン


半年にもわたる大阪西成/新世界リサーチプロジェクト。

[絶滅危惧・風景]

■会期日程:2011年2月26日(土)~3月21日(月・祝)※毎週水曜日休館
11:00 - 19:00(入館は18:30まで)

■会場:大阪市立近代美術館(仮称)心斎橋展示室
大阪市中央区南船場3-4-26 出光ナガホリビル13階(旧出光美術館大阪)

■観覧料:一般 500円(400円)/高校・大学生 300円(200円),
(  )内は20名以上の団体料金中学生以下、大阪市内在住で65歳以上の方(要証明)および障害者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料

■アクセス
地下鉄「心斎橋」駅<2番出口>(御堂筋線/長堀鶴見緑地線)下車約260メートル
地下鉄「長堀橋」駅<2-A出口>(堺筋線/長堀鶴見緑地線)下車約290メートル
(上記、地下鉄駅を出て地下街クリスタ長堀を通り 北7番または北5番出口すぐ/東急ハンズ東隣)
http://www.city.osaka.lg.jp/yutoritomidori/page/0000020942.html


Sunday Creators ポスター03.jpg

今日発売の『BRUTUS』に1ページ、展示についてのインタビューが載ってますので、是非ご覧あれ。(
p108)


ピクチャ 1.jpg


あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

Happy New Year!

◆[日曜画家/Sunday Painter]
水戸芸術館 クリテリオム79(茨城)
Art tower Mito, Ibaraki
個展/solo exhibition
2010.8/13-


◆TOKYO PHOTO(東京)
出品
2010.9/16-

◆[RIDER HOUSE]
岡山県立美術館(岡山)
Okayama prefectural museum of art
グループ展「岡山美の廻廊」/ group exhibition
2010.10/8-

◆[見えない風景/A Concealed Landscape]
国立国際美術館(大阪)
The national museum of art, Osaka
ワークショップ/workshop
2010.10/23-

◆[そといす/outside chairs]
倉敷市立美術館(岡山)
Kurashiki city art museum, Okayama
グループ展「共鳴する美術2010」
◆[Traveling Books]
倉敷市立中央図書館(美術館隣)
Kurashiki city libraly
グループ展「共鳴する美術2010」
2010.11/13-12/23

◆[おやすみのかなた]
Nap Gallery(東京)
個展/solo exhibition
2011.1/11-

◆[Sanday Creaters]
大阪市立近代美術館準備室(大阪)
Breaker Project「絶滅危惧・風景」
2011.2/26-

◆[Re-Fort Project]
αM Gallery(東京)
アーカイブ展
2011.3/5-3/19

e0172446_13404270[1].jpg e0172446_13405797[1].jpg ワークショップ 『見えない風景』


下道基行

国立国際美術館

2010.10/23-24

e0172446_2182031[1].jpg


『じぶんを切りひらくアート』
違和感がかたちになると

8月26日発売!

石川直樹、下道基行、いちむらみさこ、遠藤一郎、志賀理江子、山川冬樹、高嶺格、三田村光土里 著/高橋瑞木+フィルムアート社
編/菊地敦己 デザイン/四六判/264頁/2,000円+税/ISBN 978-4-8459-1049-6
8月26日発売!

マイクロポップ、芸術起業論以降、アーティストたちが目指す “切実さのかたち”と“場”
アートが絵画や彫刻といったモノをつくり出すことだけではなく、ひとの思考そのものを具現化する行為であることが自明である今日、造形技術に長けていたり、美術館で作品を展示するひとだけがアーティストと呼ばれるわけではありません。
本書で登場する8人のアーティストは、閉塞した制度、あるいは慣習に違和感を抱きながら、自ら表現の「場」を開拓し続けてきました。ポスト・バブルの文化的に豊かだった90~00年代とは違って、今の時代にアートをはじめとしたカルチャーの担い手として生きていくには、それなりの覚悟が必要なのです。
---
彼/彼女たちに共通して言えるのは、自分の内部に耽溺せずに、外部との接触や摩擦を引き受け、自分の可能性を試し、既成の枠にとらわれない、世界との新しい結節点(ノード)を具現化しようと試みているところです。だから、アートは自分からはじまる。自らの責任において、既成の枠にとらわれない自由を求める意思があること、そしてそれを行動に移す勇気があること。そして、そうした彼らの生き方や考え方は、閉塞感に満ちた時代に生きるわたしたちに勇気を与えてくれるのではないでしょうか。──高橋瑞木(編者まえがきより)
---

■「みんな自分の生活が不安だし、まずそこから。
切実な部分を正直に出せるのもアーティストだと思う」
──いちむらみさこ
■「僕らがモノをつくらなくても、地球は回ってる。
だけど、それらすべてが尊い光だってことを受け入れなくちゃいけない」
──遠藤一郎
■「生き方を含めたアウトプットをどうするか。
アーティストとしてやっていく、ということは、そういうことなのかもしれない 」
──下道基行
■「どんな状況でも、その環境の中で自分にとって愛しいと思える点を見つけていくことが、
何かをつくるうえでは大切なことだと思います」
──三田村光土里
■「僕は単に記録っていうより、
記録を突っ切って主体性とか主観とかを排除して、世界の方にゆだねていきたい」
──石川直樹
■「イメージへの強い愛があって。
どうしようもない写真との関係、絶対に切れない関係」
──志賀理江子
■「僕の夢はふつうの「歌手」になること。
そのちっぽけなゴールへ至るために、遠回りの旅をしているんだと思う」
──山川冬樹
■「人間の底が知りたいんです。
ボトムを。すべての人に向けて表現したいんです。
大多数に向けてではなく、少数派だけにでもなく」
──高嶺格

115[1].jpg

nap galleryから2点出品してます。

[nap gallery]http://www.napgallery.jp

ピクチャ 1.png

雑誌『旅』(新潮社)にインタビューが2ページ載っています。
写真はまた2倍くらいいい感じです。
是非ご覧ください。
(2010.7.20)


7月    
個展『(予定)』kajico(岡山)
三宅航太郎、蛇谷りえ、小森真樹などで、今年の7月、古い民家を改装した期間限定のゲストハウスをおこなうそうだ。ただ、泊まるだけではなく、何かが起こる場としての宿らしい。そこで展示します。
瀬戸内国際芸術祭へ行かれる方は是非!
http://kajicomemo.exblog.jp/

8月14日〜9月27日
個展『日曜画家/Sunday Painter』水戸芸術館(茨城)
ついに『日曜画家/Sunday Painter』完結! 個展です! 

10月
『(予定)』倉敷市立美術館(岡山)      
『(予定)』岡山県立美術館(岡山)

105.jpg

2ページインタビューが載ってます。

a0142511_233371.jpg a0142511_2335427.jpg


青森&秋田へ行ってきます。
よろしくお願いします。

●個展「RIDER HOUSE」
MAC(Midori Art Cener) 3/7-
http://aomorimac.exblog.jp/

●アート井戸端会議(NPOアートコア青森主催)
http://art-core.net/ido_past.html

●トークショー「見えない風景」
「The art conference」(秋田) 3/11 19:00-
http://cocolab.jugem.jp/?eid=368

WAIDH_omote.jpg WAIDH_ura.jpg

[HOME-MADE STORY]
2010.2.16 TUE / 2.21 SUN
[2.16] 19:00~21:00 /
[2.21] 10:30~15:30 ワークショップ:「Home-Made Story」下道基行
(定員10名)
[2.21] 17:00~19:00 トーク:「見えない風景」下道基行
(定員30名)

「Home-Made Story」は日常の風景の中に隠れている記憶/物語を探すプロジェクトです。
「私」はいったいどのように存在しているのか? 参加者と下道基行が対話することによって、参加者の記憶を掘り起こし、物語を見つけるワーク ショップを行います。世界と「私」の関係を捉えなおし、個人の体験と記憶を再生し共有していく試みです。
トークでは、世界を見る方法とその実践によって発見した風景について下道が語ります。
※2月16日と21日のワークショップは2回で1セットです。2日間とも参加できる方がお申込みください。

夏に大阪で行ったイベント関連の冊子[見っけ!このはな]に、
モトタバコヤ元管理人として文章を2ページ書きました。
本当にお世話になりました。

mikke-book.jpg


exhibition
[ Air / 空 ]


SHITAMICHI Motoyuki
下道基行


2009年12月5(土)日~2010年1月31(日)日
13:00~19:00(休廊:火・水曜日、12/28~1/6)
オープニング・パーティー 12月5(土)日 17:00~

air-port1.jpg


[地名にその土地の記憶が刻まれているように、飛行場跡の風景にも… 。]
日本全国の飛行場跡地に残る滑走路跡と格納庫跡。今、そこにはもう戦闘機も戦争も見ることはない。
しかし、飛行場跡地は日常風景にとけ込みながらも、滑走路跡は巨大なシンメトリーな空間として、格納庫跡は扱いつらいコンクリート建造物として、土地に記憶を残し続けている。

梅香堂 BAIKADO 
〒554-0013 大阪府大阪市此花区梅香1-15-18 
T/F 06-6460-7620
http://www.baikado.org/
JR西九条駅西口・阪神なんば線西九条駅より右に道なり直進、スーパーLIFEを通過、朝日橋渡りすぐ左折川沿い2軒目(徒歩5分)

所沢ビエンナーレ「引込線」に参加しました。
たくさんのアーティストに混じり、巨大な空間で、巨大な彫刻作品と一緒に写真を展示することになり、空間や所沢の土地などいろいろな事を考えながら展示しました。いろいろといつもと違う環境での展示に学ぶことが大きかったです。
とても辺鄙でありながら所沢の西武鉄道引き込み線倉庫跡には、会期中たくさんの人が来てくださいました。西武線を使い所沢までやって来てそのまま車両倉庫(展示会場)に入る…、まさにタイトル「引込線」…。
みなさん、本当にありがとうございました。

カタログの販売をしています。
展示の結果報告としてのカタログではない仕上がりです。よろしければ。

http://www.tokorozawa-biennial.com/

brutus8.jpg

「日本再発見の旅と本」
写真集「戦争のかたち」と活動が掲載されています。是非見てください!

ハブ.jpg

Maemachi Art Centerに滞在製作中に、
山口県立大学と山口大学で講義をしました。
秋吉台国際芸術村でのワークショップも素晴らしいできになりました。
みなさん本当にありがとうございました。

あと、山口駅からのびる意外とおしゃれな駅通り沿いにあるおされなBar[ハブ]での展示がはじまりました。
8月9日までは、店長赤池くんのご好意で、まかない付でアルバイトをさせてもらっています。(ランチのみ)
今日は接客したお客さんが、写真集を1冊買ってくれました。
洗い物等の仕事&接客&展示の案内&販売…と、大忙しです。
さらに、家に帰ると、8日からの展示に向けて編集作業です。

■写真展
「戦争のかたち」
下道基行
日時:8月1日(土)〜23日(日)
時間:12:00-27:00
場所:Bar「ハブ」(山口市道場門前2−4−19 2F)
備考:8月9日まで下道が展示会場「ハブ」のウェイターをしています。

■展示「Re-Fort PROJECT Vol.5」
ー砲台から花火をあげてみたー
日時:8月8日(土)〜30日(日)
場所:Mamachi Art Center(山口市前町8−1)
料金:300円(ドリンク付き)

日常に隠れている物語をみつけよう!
今回のテーマは、『自宅で宝探し』。あなたの家だけの宝物を探してきて下さい。ワークショップではみんなの宝物が持っている思い出や記憶にまつわる物語を集めてムービーを作ります。

[秋吉台国際芸術村]
http://www.aiav.jp/home.php

祖父の絵を旅するシリーズ「Sunday Painter」のイメージから今回のワークショプ企画はスタートしました。
テーマは、自分自身の制作テーマのひとつ『日常に隠れている物語』『物語を内包するモノや風景』。
「HOME-MADE STORY」は、それをボク自身が探して集めるのではなく、それをみんなに集めてもらい、編集&アーカイブしていこうと思っています。
何気ない日常をくらす人が持ち寄る、無名の物語をアーカイブします。


HMSfront00-0003h.jpg

HMSback00-00039.jpg

地味にもうかれこれ4年目の活動になるRe-Fort PROJECTがまた、夏に帰ってきますよ。
今回のメンバーは、言い出しっぺの下道ほか、
会田大也、中崎透、服部浩之、山城大督と、かなり強力で素直なアート陣が集まり、熱い夏になりそうです。是非参加してください。
(詳細は下↓)


f0181546_23485668.jpg


Re-Fort PROJECT vol.5
日食に花火/前夜はビール呑み砲台 

太陽が隠れるとき、ぼくらの花火が打ち上がる。


7月21-22日 夏合宿@下関〜北九州
7月22日 花火打ち上げ@打ち上げ;北九州市めかり公園、鑑賞;下関市火の山公園
8月1日-23日展覧会『戦争のかたち』@ハブ
8月8日-31日展覧会『Re-Fort PROJECT Vol.5』@MAC

Re-Fort PROJECT vol.5 メンバー(会田大也、下道基行、中崎透、服部浩之、山城大督)

※プロジェクト詳細情報

■7月21-22日
夏合宿!日食に花火/前夜はビール呑み砲台
21日夏合宿 参加費 6,000円(宿泊/食事込)※宿泊地 下関市火の山ユースホステル
※「夏合宿」からの参加だといっそう花火も夏も楽しめますよ!(遠足、ユースホステル、バーベキュー、ひと夏の...)また22日の花火打ち上げは午前中に予定しております。遠方からご参加の方は「夏合宿」からの参加をおすすめします。
22日打ち上げ花火 参加費無料(会場;火の山公園)

スケジュール
[7月21日]
14:00 火の山ユースホステル集合
14:30 関門トンネルを歩いて門司に渡り、めかり公園内の砲台跡を目指す。
18:30 門司港より連絡船にて下関にわたる
20:00 火の山ユースホステルにて前夜祭
[7月22日]
09:00 火の山公園の砲台跡へ向けて出発
10:55 花火鑑賞&撮影


展覧会par t1 『戦争のかたち』
8月1日(土)- 8月23日(日)12:00-27:00(火曜定休)
会場;ハブ(山口市道場門前2- 4 -19 2F TEL.083- 932- 5166)
料金;無料(飲食店のため要一品オーダー)

展覧会par t 2 『Re-For t PROJECT Vol.5』
8月8日(土)- 8月30日(日) 19:30-24:00
会場;Maemachi Ar t Center (MAC)
料金;300円(ドリンク付き)
*オープニングパーティ 8月8日19:30-

プロジェクトに関するお問い合わせや宿泊のご予約はMAC(服部、会田)まで
e-mail; maemachiartcenter@gmail.com
ユースホステル宿泊ご希望の方は、7/18までになる早でご予約ください。


今年の春、山口県下関市の火の山公園に登った。
この公園内には明治時代の砲台跡がある。僕たちは夏に砲台を使ったイベントをできないかボンヤリ企画して、ロケハンに来たのだ。
きれいに整備された園内には、戦争の遺構がゴロゴロと点在しており、その奇妙な存在感が遊具や花壇とのコントラストを形作っている。至って普通の日常風景に顔を出した冷たい質感のコンクリート建造物群は、僕らの想像の及ばない遠い世界の遺物のようだった。
僕らはそれを土の中から掘り当てたような...、日常にポッカリ開いた戦争への落とし穴を見つけたような...、そんな複雑な興奮を感じた。
「ここの砲台一帯は国定公園に指定されとるからイベントはできんじゃろぅなぁ...。向かいのあの山も昔の砲台じゃし、あっちなら公園になっとらんけぇ、もしかしたらバーベキューとかイベントもできるかもなぁ。」
公園清掃のおばちゃんはそう教えてくれた。関門海峡方向にせり出すようにつくられた、真新しいウッドデッキから海峡の対岸を見ると、向かい側にきれいなお椀型の山が見える。
「あの砲台の山の上に打ち上げ花火が上がったら、面白くない?」
一人が言った。
「火薬」を使って「ドンッ!」と花火を「打ち」あげる...。それは、既に武装解除されて70年近く経つ、かつての砲台とダブるイメージをいくつも持っている。
そしてこの打ち上げ花火は、リアリティが薄れていく戦争やその時代と僕らとをリンクさせる「落とし穴」になるかもしれない...、そんなことを思った。
早速、関門橋を福岡側に渡って門司からその山に登ると、そこには要塞の跡があり、それは森の中で人知れず朽ちていた。明治維新以降、欧米に対抗し軍国主義に猛進する中で日本全国にいくつもこのような砲台がつくられた。太平洋戦争末期、対軍艦用の砲台の一部には対空高射砲が設置されたそうだ。そして 1945 年の終戦を境に、この場所も含めて日本全国の砲台は完全に武装解除される。機能を一切失ったコンクリートの固まりがこの山にも残された。僕らの目の前で、日常と忘却の中に埋もれていくこの遺構は、敗戦からこの国が根底に持ち続ける違和感やねじれを表している存在のように見える。
「この砲台跡から花火を上げて、対岸の火の山公園からそれを見よう!」
話し合いの結果、花火の打ち上げは 7月22日の10時55分から1分間に決まった。
それは46年ぶりに訪れる日食の一瞬。そんな真昼の空に打ち上げようというのだ。
今回この日食の見える地域の人達の気持ちは、日食の持つある種の「高揚感」と「一体感」の中で、太陽を中心にひとつになるだろう。
そして、(これは些か強引な結び付けかもしれないが)その「高揚感」や「一体感」はこれらの砲台の造られた時代が持っていた大衆を飲みこむ空気に似ているのではないか ? 初夏の真っ昼間に、隠された太陽の下、砲台跡から花火を打ち上げてみる。それがこのイベントだ。
「何のため?」
「花火は見えるの?」
それはよくわからない。でも、見えにくくなっていたものが少しだけ見えてくるはずだ。例えばそれは、戦争があった事実や、日々消えていく記憶や、今この世界に生きていること...。そしてまた何かを感じるだろう、そのことについて僕たちは自分の言葉で話せるのではないか。
この日、僕らは打ち上げ花火で落とし穴をつくってみるから、みんなで落ちに来てくれたらうれしい。これは机上のお勉強じゃない。もしかすると、この落とし穴で地球の反対側まで落ちてしまう人もいるかもしれない。
あなたも参加してみませんか?
僕らが作った落とし穴に。
火の山公園で日食の花火に。


::::::::::::::::::::::::::::
『Re-Fort PROJECT』プロフィール
200X 年に下道基行が中心となって発足。日本全国で放置されている戦争の遺構を使い、イベントを起こしたり、※スクウォットする。またそれを記録していくプロジェエクト。 このような遺構の多くは過去に国(軍)が造ったもので、現在では建造物自体の権利が曖昧になり、したがって所有についてもグレーゾーンとなっていることがある。そのため転用しやすい。 イベントの参加者はこれらの遺構に直接触れ、この国と戦争とが地続きであったことにリアリティを感じることで、何かしらの戦争との接点を持ってもらう。
また、ここ数年、戦争体験者が減少していくことを受けて、行政による遺構の見直しが始まっている。しかし、遺構を柵で囲み“平和公園化”“モニュメント化”することは、むしろ遺構の持つ時間の流れを遮断し、歴史に遺構を埋没させていくことにもなる。本プロジェクトでは、保存対象にならないような遺構に対して、その都度さまざまなアーティストがそれに合わせた趣向で一時的にリノベーションを試みる。
『Re-Fort』はリフォートと読む。再生や再利用を意味する「Re」と、要塞や砲台を意味する「Fort」を組み合わせた造語。
Re-Fort PROJECT vol.5 メンバー(会田大也、下道基行、中崎透、服部浩之、山城大督)

※スクウォット(squat)とは、元々は“居座る”の意。ヨーロッパに見られる運動で、放置されたままになっている建造物を勝手に使用する。これには利用価値の無くなった物件の有効利用のプレゼンテーションという意味合いがあり、アーティストがスクウォットした建物が後にアートセンターとして利用される等、土地利用の柔軟な解釈として存在する。

dog01.jpg


犬島アートプロジェクト(直島福武美術館財団)のお仕事で犬島の産業遺跡部分のポストカードを撮りました。
犬島に行く際は是非チェックしてみてください。


フリーペーパー『UR STYLE』クロアチア特集の写真を撮りました。
「アドリア海の宝石」とよばれる小さな港町の散髪屋を舞台にした物語/ルポ。取材&文章は伊藤剛さんです。とてもいい特集になっています。
是非、地下鉄に乗る際には特設ラックをご覧ください。
地下鉄車内からTRIPできますよ。

配布は

★都営地下鉄ラック
 7月1日~31日
【設置箇所駅】
都営浅草線:大門/浅草橋/三田/日本橋/浅草/東銀座/人形町
都営三田線:神保町/日比谷/高島平/三田/新板橋/内幸町/巣鴨/水道橋/大手町
都営新宿線:森下/小川町/馬喰横山/市ヶ谷/九段下/神保町/本八幡
都営大江戸線:新宿/上野御徒町/汐留/青山一丁目/六本木
       大門/新宿西口/勝どき/門前仲町/都庁前


:::::::::::::::::::::::::::::::::::

『AERA』の今週号にも、中原さんの文章に1点写真提供しています。
こちらはボスニアの農園の写真です。

グループ展に参加します。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::

第1回所沢ビエンナーレ美術展「引込線」
  会場:西武鉄道旧所沢車両工場 所沢駅西口より徒歩2分
  住所:359-1124 埼玉県所沢市東住吉10-1
  会期:2009年8月28日(金)~9月23日(水)会期中無休
  時間:10時~18時(入場無料)
http://www.tokorozawa-biennial.com/

【参加作家】
飯田竜太/石川卓磨/石原友明/伊藤誠/遠藤利克/大友洋司/沖 啓介/利部志穂
/北澤一伯/木村幸恵/窪田美樹/小山穂太郎/佐藤万絵子/下道基行/志水児王/
白井美穂/高見澤文雄/瀧健太郎/竹内孝和/建畠朔弥/手塚愛子/冨井大裕/戸谷
成雄/豊島康子/中山正樹/橋爪 彩/長谷川 繁/増山士郎/水谷一/溝口達也/村
岡三郎/森 淳一/山下香里/山路紘子/山本糾/横内賢太郎 計36名

【参加執筆者】
青木正弘/天野一夫/石川卓磨/石崎尚/井上幸治/宇野邦一/神山亮子/近藤由紀
/坂上しのぶ/沢山遼/高橋綾子/高橋辰夫/建畠晢/谷新/豊島重之/中村英樹/
成相肇/西村智弘/原田光/平井亮一/早見堯/真武真喜子/松本透/峯村敏明/本
江邦夫/山本さつき/和田浩一/渡部葉子 計28名

【会期中の主なイベント】
●シンポジウム:5日(土)所沢西武百貨店 8階13:00~16:00
  司会:前山裕司 
   パネラー:伊藤誠、木村幸恵、沢山遼、谷新、豊島康子、中山正樹、
●音楽パフォーマンス:小林聡、他 8月28日(金)16:00~
●パフォーマンス:田中泯、他 9月5日(土)16:30~、12日(土)16:30~
●公開制作:佐藤万絵子(会期中随時)
●ワークショップ:利部志穂+美術系大学生 ―「ゴミと呼ぶまで」人と物との時間
を計る―
●会場ツアー:埼玉県立近代美術館+美術系大学生のスタッフがサポートします。

「旅をする本」
情報の書き込み用のブログ。

http://travelbook.exblog.jp/

本と旅された方の書き込み、お待ちしています!

鳥居シリーズを展示予定。
沖縄在住の方、ゴールデンウィークに沖縄に行かれる方、是非。
沖縄県立美術館は2007年11月1日にオープンした新しいミュージアムです。

『アトミック・サンシャインの中へ』参加
2009年 4月11日~5月17日
展示HP
(沖縄県立美術館)
美術館HP

昨年はとても忙しく失敗もありながら充実した1年を過ごす事ができました。
本当にみなさんお世話になりました!

今年は今まで以上に自分なりの言葉で表現でいろいろと作品を見せていこうと思います。
簡単ではない世界に踏み込んでしまったなぁ、と正直思ってもいますが、やりたい事/やってる事は山のようにあって、毎日モノ作りの夢しかみない毎日です。最近は直接発表等に結びつかない些細な作業の中に自分が前に進んでるものを見る快感もあり、地味にでも前進をつづけていく覚悟です。
ゆっくりじっくりお付き合い/ご期待ください。
飲み会でも発表の場でも何でも!、機会があれば声をかけてください。
今年もよろしく!


I could have many happy days with many people last year.
Thank you so much!!!
And please keep in touch this year too.

(↑英語が間違ってたら教えてくださーい!?)