ハノイ/記念日

町の中心部から泊まっている家まで、線路沿いを帰るのだけど。
夜になると線路沿いの車道の脇にいろいろな露店が並ぶ。
露店と言っても自転車の荷台に山々と何かをつんで、そのまま道に止めて待つという感じ。
ある日は金魚と水の入った袋がつるされた自転車が沢山止まっていたり、かごにフルーツが積んである自転車が並んでいたり。売り子さんは大体女性で、あのベトナムっぽい円錐型の笠をリアルにかぶっている。たぶんこの時間帯やこの線路沿いの道は、ハノイの市街地から郊外へ帰宅する人が立ち寄り易いのだろう。

昨日の夕方は、花屋さんがならんでいる。花自転車たち。宝塚歌劇のフィナーレみたいに着飾ったチャリ達。そして、なぜかいつもにもまして、お客さんがたくさん群がっている。薄暗いヘッドライトに照らされた人々お表情はなんだかうれしそう。
今日は何の日なんだろう???
部屋に帰ってこちらの美大生の女の子に「What day is today? because many people bought flowers.」と電話してみると。笑いながら、「明日が女性の日だ」と教えてくれた。
今日は女性の日かぁ、おめでとうございます。
未だにルールが把握できず、たまに帰宅するとタンクから溢れている水道を、気がついたら元栓ごと止めてくれる、隣人のおばちゃんに花束を送ろうかと、マモルと話す。
埃っぽいハノイの路上がその日は時に鮮やか。

2011-10-20 10:53