生まれ変わった日 (その2)

無くしたと思っていた財布が出てきた。
島内ではなく、対岸の山中の駐車場に捨てられていたという。
無くしてから2週間後の出来事だった。
自宅前の小さな港の駐車場に停めていた車内から財布を盗み、現金などを抜き取ってその場所で捨てたのだろう。
しかし、2週間後でこの距離の場所に捨てた事を考えると、犯人は遠くから来た観光客ではないように思う。
もし、島民ではなく、犯人が対岸から仕事で島に来る人であっても、今日も何食わぬ顔で近くにいる可能性もあるわけだ。いっその事、現金を抜いて海にでも捨ててくれたら良かったのに。
すでに中身のカード類は停止し更新した訳だし、対岸の警察署に財布を取りに行くのが憂鬱だ。
気持ち悪い。