生まれ変わった日


昨日は朝から疲れていて、仕事場に行かずコンビニに行って、そのまま車で帰宅して、寝ていた。
5時間ほど車を家の前の海岸沿いの駐車場に留めたままだった。
だが、どうやら、車には鍵をかけていなかったし、助手席に財布を置きっぱなしだったみたいだ。
夕方、財布を探すとどこにもなく、そのことに気がついたが、すでに遅かった。
僕はお金やカードや身分証、全てを失った。
財布の中には、引っ越した時から貴重品を入れる場所を作れずにいて、全ての貴重品が入っていた。銀行やらキャッシュカードやらポイントカードだけではなく、パスポートから免許書、保険証やマイナンバーカードやら全ての個人情報も入っていた。

翌日の今朝、何もないので、妻から2千円を借りてポケットにねじ込んで家をでた。
妙に新鮮な感覚だった。
今日はなんだか体が軽い。
半分負け惜しみかもしれないが、事実でもある。

昨夜はカードを停止したりとバタバタと動き回った。
ただ、これで不必要だったポイントカードやらなんやらでパンパンになっていた財布を全て捨てられた。
自分の情報までも全て無くしてしまい、なんだか自分の存在が少し軽くなったようだ。
妙に清々している自分に気がついた。

近所のおじさんにそのことを話すと「島で車なんか鍵かけんし、今までなんもなかったのになぁ。外から来た業者とかかなぁ。」と。確かに僕も、いまだに誰かに取られたという気がしない。僕がどこかにおいてしまったのか、勝手に飛び跳ねて車の窓から海にジャポンと落ちたのか、信じられないし他人事のような感覚。
おじさんは一通り心配してくれた後、「まぁ今日は、新しく生まれ変わった日かぁ。そりゃええなぁ」と爆笑しながら去っていった。

新しく生まれ変わった日。それもいい。

昨日失った全ては複製可能なものたちだった。だから落ち込んでいないし、逆に清々しているのかもしれない。逆に、2年くらい使っているボロボロの手帳とかを無くした方がショックは大きかっただろう。