連載への付け加え

『連載【誰も関心がないかも知れないけれど戦前から現在までの瀬戸内海の旅行ガイド本をヤフオクやメルカリで落札しまくる男の話】』
という文章を一つ下の日記で貼り付けましたが。
この連載は、2020年の2月末、コロナウィルスが中国で感染者を拡大させている”対岸の火事”の時、まだまだオリンピックも開催予定のまま突き進んでいた時、に書いた文章。
この中には、島へ移住する理由を書いていますが、これを考えた理由のなかにコロナは全く入っていなかった。
今、直島に引っ越し3週間近くが経つ。
コロナウィルスは世界中で流行し死者も多く出し、日本も国内で温度差はあるにせよ、緊急事態事態が続き、外出規制も始まり、展覧会やイベントは尽く中止になり、飲食店はバタバタと潰れ、政府の隠蔽体質は戦時中のようで、大変な状況。
島でも、学校は休校になり、観光客は来ず店も閉まり、人々はマスクをして出歩いている。
ただ、ギアをローに入れて、生活と制作を行うために、移り住んだ僕にとって、驚く程、以前より静かな生活が日々、流れている。ある島民は「2-30年前の、アートが島へ来る以前の島に戻ったみたいに静かだなぁ」と話してる。頑張って自宅で待機しつつ、この貴重な時間を大切に使いたいと思っている。

そんな中で、連載に続いて、山下陽光氏と遠隔でラジオを始めることになり、それは1ヶ月を超えた今でも続いている。コロナの流行が刻一刻と変化し深刻化する中での日々が、別の形で記録されてると思う。もちろんまだ渦中にいるのだが。
連載に興味を持って読んでくれた方には。このラジオもぜひ。
ラジオなんで、だらだらと作業のお供に。


山下道ラジオ
http://m-shitamichi.com/yamashitamichiradio